女性との食事デートを成功させたい!と思う時にチェックしておきたい3ポイント

etc

女性と食事に行く。
できれば成功して終わりたいと思うのが男というもの。

でも、どんな所に行けばいいのかもよくわからないし、どんな店選びをすればいいのかわからない・・・。

突き詰めると、お店選びは思いやりという事になるのだけど、お店選びで迷った時にちょっと考えてみると何かヒントが見つかるかもしれないよって事の僕なりのポイントを書かせて頂きます。。

スポンサーリンク

女性との食事で失敗した・・・と気づいたとしても

女性と食事に行くこと。

デートなどのガッツリ恋心(下心?)のあるものではなく、普通に食事を楽しみながら会話をするという場合も含めて、食事に行く機会というものが誰にでもあるものです。

その食事に行く場所選びで、その後の失敗と成功が決まる事がある。

特に失敗に終わった時は、取り戻す事が本当に難しい。というか、不可能と言ってもいいかもしれない・・・。

だから、なるべくはじめての二人だけの食事のときはベストの準備をしておいたほうがいいと思うんだよね。

では、どうすればいいのか。

  • 距離感を少しずつ縮めるストーリーが描けること

これが女性との食事を成功させるために抑えておきたいポイントだと思っています。

スポンサーリンク

女性との食事の成功パターンマトリクス

女性との距離感を少しずつ縮めるストーリーが描けている食事の流れ。
これをイメージしながら予定を立てているのかどうかの違いが大きいと僕は感じています。

これを少しわかりやすくするためにマトリクス表にして置き換えるとこうなります。

距離感を縮める意識がない距離感を縮める意識がある
ストーリーを描けている
ストーリーを描けていない

ストーリーを描けていて、そのストーリーは相手との距離感を縮める事を意識したものである。
その流れが描けているなら、準備段階としてはOKだと思うのです。

ただ、そのようなイメージが描けずに、ただ漠然と女性との食事の予定を組んでいるのなら、後味の良い食事会とはならないだろうな・・・と思うのです。

それを先ほどのマトリクス表に当てはめて考えてみると、こうなります。

D 距離感を縮めるストーリーを描けていない

相手との距離感を縮めるストーリーを描けてない食事の流れとは、つまり、適当に、行きたい所に行こうよという流れでいるということです。

打ち解けた2人ならこれはこれでアリだと思うのですが、まだそこまでの仲じゃないのに、行きあたりばったりの食事は、あまりオススメできません。

まだ知り合って間もないという時期であるなら、相手もある程度の格好をつけてその日に挑んでいますので、適当な時間のすごし方をされると、準備をしてきている相手をガッカリさせる結果につながりやすくなります。

安いから・・・とか、近いから・・・という、自分よがりな食事もここに該当します。

C 距離感を縮める意識はないがストーリーを描けている

相手との距離感を縮める意識はないが、ストーリーは描けている流れとは、自分だけが楽しもうとしている意識の強い食事と言えばいいかもしれません。

自分が行ってみたかった店ばかりを選んでいたり、いきなり二人っきりの空間になったりと、相手の警戒心を高めてしまうような流れになっている事に気付いていない状態と言えます。

B 距離感を縮める意識はあるがストーリーを描けていない

相手の事を考えた食事を意識しているが、その流れで二人の距離感が縮まるかどうかまでは考えられていないというパターンです。

相手の事を考えているので非常にいい流れのようにも思いますし、実際に大外れはしません。

ただ、1件目も2件目もチェーン店の居酒屋で会話して・・・となると、楽しく美味しくお酒を飲めるかもしれませんが、ちょっと味気ない気もします。

折角時間を用意しているのなら、1軒目と2軒目は違うお店だけど、そこの共通点を見出せるような何かがあると、その日一日をグンと楽しめるようになりますので、そういう部分の工夫をしてみるといいと思います。

ワインが好きな2人なら、1件目はイタリアンかフレンチで、2件目はワインバーに行くという流れなら、自然と会話も弾むのではないでしょうか?

A 距離感を縮める意識はあるしストーリーを描けている

2人の距離感を縮める意識はあるし、そのためのストーリーを描けている。
僕が思う理想の状態です。

楽しくお酒を飲むのですから、行く店へのこだわりはもちろん、1件目と2件目をつなぐ意図のようなものを持っていると、深みが出てきます。

先ほどの例にも出しましたが、ワインが好きなら、ワインを楽しむための店選びというテーマではどうか。日本酒でも良いと思います。

会話を楽しむにしても、楽しい会話を楽しむ空間としての1件目と、落ち着いてゆっくりと話す空間としての2軒目というギャップをつけるだけで、印象に残りやすくなります。

点と点をつないで線にするというイメージです。

スポンサーリンク

女性との食事を成功させるために抑えておきたい3つのポイント

大切なのは、目的にあった場所選びをできてるのかどうかという一言に尽きるかもしれない。

目的にあった場所選びをできていれば、良い空気感で終われると断言してもいい。

それはこんな理由から。

なんのために食事に行くのか

なぜ食事に行くのかという目的を明確にしておく事はとっても大切です。
同僚なのか、女友達なのか、気になる相手なのかによって、食事にいく理由というか目的が変わる。

同僚と行くのなら、仕事の愚痴や相談を話す事になると思うけど、それに合った場所、それに合った店とはどういう所なのか。

気になる相手との食事なら、それが初めての食事なら、どういう場所が良いのか。

いきなり二人っきりで話す場所よりも、オープンな場所のほうが話しやすいかもしれない。

どういう相手と食事に行くのかで、話しやすい場所、話しやすい店というものが左右される。

目的を達成しやすい店とはどんな店なのかというのが念頭にあったほうがいい。
だからといって、1件目からバーで飲むというのもまた違うよね。

つまりは、次のような事も考えたほうがスムーズに事が運ぶと思っている。

終わりにどう思っていてほしいのか

その日の終わりは、どういう空気感で、相手がどういう感情で終わる事が理想なのか。

気になる女性が「好き!」と確信して終わってくれるのが理想かもしれないけど、それはちょっと贅沢かな・・・と思うのなら、どう思って終わるのが良いのか。

「いい人」とか「面白かった」とか「落ち着く」とか、どう思っていて欲しいのかを知る。

そう思うに至るには、どういう流れで進めばいいのかのストーリーを思い描く。

表の目的と、裏の目的があるという考え方をしたほうがいいのかな・・・と僕はよく思っている。

表の目的は、楽しく会話しましょう。
裏の目的は、心の距離感を縮めましょう。

こんな風に表と裏の目的があるんだという前提に立ち、表の目的を満たす事が1番目に達成するべきポイント、裏の目的がその次に達成するべきポイントだと分けて考えると、店選びがしやすくなるんじゃないかな?と僕は思っている。

ストーリーを描く

人間関係は”広く浅く”から”狭く深く”へと変化していきます。

何かで読んだのでうろ覚えではありますが、人間関係は安心感をいかに獲得するのか次第と言える部分があり、それは対女性であっても同じです。

その女性は警戒をしているのです。
その警戒をいかに解きほぐしていくのかを考える。安心感をいかに高めるのかを考える事が恋愛関係へと発展させるためのセオリーだと思っています。

人間関係を広く浅くというのは、いつでも逃げられる距離感と言い換える事もできます。その関係性を深いモノにしていくと、相手との関係性を切るに切れなくなるといいますか、深い部分で繋がりを持つ事になります。

その流れに沿ったストーリーを描ける店選びをしてみると本能の抵抗にも遭いにくいので、非常にスムーズに仲を縮める事ができるのでは?と思います。

初めはオープンな場所で食事をして、最後はバーなどでゆっくりと話すという定番のような流れは、人間関係の深まり方に沿ったストーリーになっているから今でも効果的なんです。

人間関係の深まり方に合ったストーリーを紡ぐような店選びが大切なのだと思う。

スポンサーリンク

目的と距離感に店選びをするだけで印象は変わる

距離感にあった店選びをして、目的にまでスムーズに展開しやすいような店選びをしていく。

そんな意識を持つだけでも、店選びの迷いがグンと減るんじゃないかな?と思います。

初めは居酒屋でもいいと思いますが、二軒目、三軒目は落ち着く場所でゆっくりと話すというのも定番だけど、いい流れだと思いますよ。

ただ、完璧をめざしすぎないこと。
思い通りにいかない事もあります。良くも悪くも。

いきなり心の距離がグンと縮まる事があれば、全然2人の距離感が縮まらない事もあったしますので、あくまで予定は予定、計画は計画と言う線引きをしておきましょうね。

事前に店選びをするのは、もしあの時にシッカリと準備していれば・・・という後悔をしないためです。

準備をしても、その通りに行かなかった場合は、悔しいとは思っても、後悔というレベルで心に引っ掛かりを残す事はありませんから。

準備をしておけば、失敗は経験値として今後に活かせます。

スポンサーリンク

先ずは今すぐ泥臭くリサーチしましょう!

女性との食事で後悔しないようにするためには・・・

  • その女性と食事に行く目的と距離感を考える
  • その目的と距離感なら、解散時はどのような空気感が理想なのかを考える
  • その空気感になるような店選び、場所選びを、ストーリー調になるように考える

結局はちょっとした気遣い、ちょっとした配慮などの、思いやりみたいな部分が大切なのだと思いますよ。
あとは、どこにはどんな店があるのかをリサーチする事が今からやるべき事だと思いますよ。

幸い、今は色々なお店情報のサイトがありますので、それらを上手に活用して、お!と思う店をチェックしておいてください。予約してみてもいいと思います。

ベタですが、最低限、食べログで情報を収集するぐらいはしておいたほうが良いと思います。

欲を言えば、食べログ内のランキングをチェックして、あなたが一緒にデートに行きたい女性と似た人たちの今の好みを把握しておくと尚良いと思います。女性は”どこに行ったのか”という事を後日女友達に自慢したいものですからね。

食べログ 公式サイト

事前に1人で行ってもいいかもしれません。
いずれにしても、まずは情報を集める事が今のあなたの次の段階です。

あなたの中にあるストーリを実現しやすいお店を探してみてください。