室町幕府

日本史

室町幕府は1336年、足利尊氏が後醍醐天皇の建武の新政を倒して成立させました。

幕府は京都に本拠を置き、守護大名を配置して地方統治を行いました。南北朝時代(1336年-1392年)の内乱を経て、足利義満が南北朝を統一し、幕府の権威を確立しました。義満の治世は室町幕府の最盛期で、日明貿易を通じて経済が繁栄し、文化も発展しました。しかし、1467年の応仁の乱により中央集権体制が崩壊し、戦国時代が始まりました。1573年、織田信長が最後の将軍足利義昭を追放し、室町幕府は滅亡しました。

室町幕府は日本の中世社会に大きな影響を与え、文化、経済、政治の発展に寄与しました。

室町幕府について問われるポイント

★★★★★

  1. 室町幕府を創設したのは誰ですか。
  2. 室町幕府が成立した年は何年ですか。
  3. 室町幕府が本拠地を置いた都市はどこですか。
  4. 応仁の乱が始まった年は何年ですか。
  5. 応仁の乱の主な対立者は誰と誰ですか。
  6. 応仁の乱の結果、室町幕府の権力にどのような影響がありましたか。
  7. 室町幕府の滅亡年は何年ですか。
  8. 室町幕府を滅亡に追いやった戦国大名は誰ですか。
  9. 室町幕府の最後の将軍は誰ですか。

★★★★

  1. 室町幕府の第三代将軍は誰ですか。
  2. 南北朝時代が終結した年は何年ですか。
  3. 南北朝の統一を実現した将軍は誰ですか。
  4. 足利義政が建設した東山文化の象徴的な建築物は何ですか。
  5. 日明貿易を再開した将軍は誰ですか。
  6. 日明貿易(勘合貿易)とは何ですか。
  7. 応仁の乱がもたらした社会的影響を述べなさい。

★★★

  1. 室町時代に発展した文化や芸術の一つを挙げなさい。
  2. 室町時代に発展した禅宗文化の代表的な建築物は何ですか。
  3. 室町幕府の滅亡が戦国時代に与えた影響は何ですか。
  4. 室町時代の文化が現代日本に与えた影響について述べなさい。

室町幕府の成立

室町幕府の成立年と創設者

成立年と創設者

  • 成立年: 1336年
  • 創設者: 足利尊氏

1336年に足利尊氏が室町幕府を創設した背景とその経緯

  1. 背景
    • 鎌倉幕府の滅亡: 1333年に鎌倉幕府が滅亡し、後醍醐天皇が権力を掌握しました。天皇は建武の新政を開始し、武士による支配から朝廷中心の統治を目指しました。
  2. 建武の新政からの転換
    • 建武の新政の失敗: 後醍醐天皇の建武の新政は、武士階級の利益を軽視したため、武士たちの不満が高まりました。新政の改革は急進的であり、武士階級の支持を得られず、各地で反発が起こりました。
    • 足利尊氏の反乱: 1335年、足利尊氏は後醍醐天皇に反旗を翻し、六波羅探題を攻略しました。尊氏は一時的に敗北しましたが、再度の挙兵を行い、1336年に京都を制圧しました。
  3. 室町幕府の成立
    • 幕府の創設: 足利尊氏は1336年に後醍醐天皇を京都から追放し、自らの統治を開始しました。1338年には正式に征夷大将軍に任命され、室町幕府を開きました。
    • 新しい統治体制: 室町幕府は京都に本拠を置き、将軍が中央政府を担う形で、守護大名を配置して地方の統治を任せる新しい体制を築きました。

幕府の構造と統治

室町幕府の将軍の権力と守護大名の役割

将軍の権力

  1. 中央政府の機能
    • 権力の集中: 室町幕府の将軍は、政治・軍事・経済の全てにおいて権力を集中させました。将軍は国家の最高権力者として、全国の大名や武士を統率しました。
    • 統治機構: 将軍は中央政府の長として、国政を直接管理しました。これには、法の制定、外交の決定、税の徴収などが含まれます。
  2. 京都に本拠を置く
    • 京都の選定: 室町幕府は鎌倉幕府と異なり、京都に本拠を置きました。これにより、朝廷との連携を強化し、政治的な正統性を得ました。
    • 花の御所: 将軍の住居兼政庁として「花の御所」が建設されました。これは、政治の中心地として機能し、将軍の権威を象徴しました。

守護大名

  1. 守護大名の配置
    • 地方統治の委任: 室町幕府は、各地に守護大名を配置し、地方の統治を任せました。守護大名は、将軍の代理として各地域の政治・軍事を管理しました。
    • 権限と責任: 守護大名は、治安維持、税の徴収、兵力の動員などの役割を担いました。これにより、地方の安定と統治が図られました。
  2. 守護大名の権力と自立
    • 領地支配: 守護大名は、領地内での支配権を強化し、自らの領国経営を行いました。このため、次第に自立性が高まり、戦国大名へと発展していきました。
    • 下剋上の風潮: 室町時代後半には、守護大名がさらに自立し、下剋上の風潮が広がりました。これにより、地方分権化が進み、戦国時代の幕開けとなりました。

南北朝時代(1336年 – 1392年)

内乱の時代:南北朝時代

足利尊氏の室町幕府と南朝の設立

  1. 室町幕府の成立
    • 足利尊氏の反乱: 1336年に足利尊氏が京都を制圧し、室町幕府を開設しました。これにより、尊氏は実質的な権力を握りましたが、正統な朝廷の支持を得ることが課題となりました。
  2. 後醍醐天皇の抵抗
    • 建武の新政の失敗: 後醍醐天皇が建武の新政を開始しましたが、武士階級の不満が高まり、政権は失敗に終わりました。
    • 南朝の設立: 後醍醐天皇は京都を追われた後、吉野(現在の奈良県)に逃れ、南朝を設立しました。これにより、日本は北朝(京都にある幕府の朝廷)と南朝(吉野にある後醍醐天皇の朝廷)に分裂しました。
  3. 南北朝時代の内乱
    • 内乱の継続: 1336年から1392年までの間、南北朝時代として知られる内乱が続きました。南朝と北朝は互いに対立し、全国各地で戦闘が繰り広げられました。
    • 地方の混乱: この内乱により、地方の支配が不安定になり、守護大名や地方豪族が自立する動きが強まりました。

統一:足利義満による南北朝の統一

  1. 足利義満の登場
    • 三代将軍足利義満: 1368年に足利義満が室町幕府の三代将軍に就任しました。義満は政治手腕に優れ、幕府の権威を高めることに成功しました。
  2. 南北朝の統一
    • 和睦の実現: 義満は南朝と北朝の対立を終結させるため、和睦を進めました。1392年、義満の仲介により、南朝の後亀山天皇が北朝の後小松天皇に譲位する形で、南北朝の統一が実現しました。
    • 南朝の正統性承認: 和睦の条件として、義満は南朝の正統性を認め、その後の朝廷運営において南朝の系統が正統とされました。
  3. 統一の意義
    • 政治的安定: 南北朝の統一により、全国的な内乱が終結し、政治的安定がもたらされました。これにより、室町幕府の統治力が強化されました。
    • 文化と経済の発展: 平和が訪れたことで、京都を中心に文化と経済が発展しました。特に義満の治世は、室町時代の文化黄金期として知られています。
    • 幕府の権威確立: 南北朝の統一を実現した義満は、幕府の権威を確立し、将軍職の威信を高めました。これにより、幕府の統治が一層強固になりました。

三代将軍足利義満の時代

室町幕府の黄金期:足利義満の時代

義満の時代が室町幕府の最盛期

  1. 足利義満の治世
    • 三代将軍足利義満: 足利義満(1358年 – 1408年)は、1368年に室町幕府の三代将軍に就任しました。義満は政治手腕に優れ、幕府の権威と統治力を強化しました。
  2. 花の御所の建設
    • 花の御所: 義満は京都の室町に壮麗な御所「花の御所」を建設しました。これは将軍の住居兼政庁として機能し、室町幕府の権威を象徴する重要な建物でした。
    • 文化の中心地: 花の御所は文化の中心地となり、多くの学者や芸術家が集い、文化活動が盛んに行われました。
  3. 文化と経済の発展
    • 室町文化の隆盛: 義満の治世は、室町時代の文化黄金期とされ、茶道、能、庭園、絵画などが発展しました。特に、禅宗文化が大いに花開きました。
    • 経済の発展: 義満は経済政策にも力を入れ、商業や手工業が発展しました。京都や堺などの都市は経済の中心地として繁栄しました。

外交と貿易

  1. 日明貿易(勘合貿易)の再開
    • 勘合貿易の開始: 義満は中国の明王朝と外交関係を樹立し、1401年に正式に日明貿易を再開しました。これにより、両国間の貿易が活発化しました。
    • 勘合符の使用: 貿易船には「勘合符」と呼ばれる証明書が発行され、これにより正式な貿易船であることが認められました。これにより、貿易の秩序が保たれました。
  2. 経済的繁栄
    • 輸入品と輸出品: 日本からは銅、硫黄、扇、刀剣などが輸出され、明からは絹織物、陶磁器、書籍、薬品などが輸入されました。これにより、日本国内の消費文化が発展しました。
    • 経済効果: 日明貿易により、莫大な利益がもたらされ、室町幕府の財政基盤が強化されました。これにより、幕府はさらなる統治力の強化と文化の保護に資金を投入できました。

応仁の乱(1467年 – 1477年)

応仁の乱:内戦の開始とその影響

内戦の開始

  1. 将軍継承問題の発端
    • 足利義政の後継問題: 1464年、室町幕府の第8代将軍足利義政が、後継者問題に直面しました。義政には子がなく、弟の義視(義政の養子)を後継者とする予定でした。
    • 息子の誕生: しかし、1465年に義政の妻が息子(足利義尚)を出産し、後継者問題が複雑化しました。義政は息子の義尚を後継者に望む一方、義視も正当な後継者としての権利を主張しました。
  2. 細川勝元と山名持豊の対立
    • 細川勝元: 細川勝元は有力な守護大名で、将軍家の後見人として義尚を支持しました。
    • 山名持豊(宗全): 一方、山名持豊(宗全)も有力な守護大名であり、義視を支持しました。これにより、両者の対立が激化しました。
  3. 応仁の乱の勃発
    • 内乱の開始: 1467年、細川勝元と山名持豊の武力衝突が発生し、これが応仁の乱の始まりとなりました。両者はそれぞれの支持勢力を動員し、京都を中心に激しい戦闘が繰り広げられました。
    • 全国的な広がり: 応仁の乱は次第に全国に波及し、各地の守護大名や地方豪族も巻き込まれ、日本全土で戦闘が続きました。

応仁の乱の影響

  1. 京都の荒廃
    • 戦闘による被害: 応仁の乱により、京都は戦闘の中心地となり、長期間にわたって激しい戦闘が続きました。これにより、京都の街は大きく荒廃し、多くの建物が焼失しました。
    • 社会的混乱: 戦闘による被害は、市民生活にも深刻な影響を及ぼし、経済活動が停滞しました。
  2. 中央集権体制の崩壊
    • 幕府の権威低下: 応仁の乱により、室町幕府の中央集権体制は崩壊しました。将軍家の後継問題が原因で内乱が起こったため、幕府の権威と信頼が大きく損なわれました。
    • 地方の自立: 各地の守護大名や地方豪族が自立し、独自の支配を強化しました。これにより、幕府の統制力がさらに低下しました。
  3. 戦国時代への突入
    • 下剋上の風潮: 応仁の乱の混乱を背景に、下剋上(下の者が上の者を倒す風潮)が広まりました。多くの地方大名が独自の勢力を築き、戦国大名として台頭しました。
    • 戦国時代の始まり: 応仁の乱を契機に、戦国時代が始まりました。この時代は約100年間にわたり、各地の戦国大名が互いに争い、日本全土が戦乱に巻き込まれることとなりました。

戦国時代(1467年 – 1573年)

地方分権の進展と下剋上の風潮

地方分権の進展

  1. 応仁の乱の影響
    • 中央権力の弱体化: 応仁の乱(1467年 – 1477年)により、室町幕府の中央集権体制が崩壊しました。これにより、中央政府の統制力が大きく低下しました。
    • 地方の混乱と自立: 応仁の乱による混乱の中で、地方の守護大名たちは自らの領地を守るために独自の支配を強化しました。
  2. 守護大名から戦国大名へ
    • 守護大名の自立: 守護大名は次第に中央の幕府から独立し、独自の軍事力と経済力を背景に自立しました。彼らは自らの領国を統治し、戦国大名としての地位を確立しました。
    • 領国経営: 戦国大名は領地の経営に力を入れ、農業生産の向上や治水工事、城下町の整備を行い、経済基盤を強化しました。これにより、領地の安定と繁栄を図りました。
  3. 地方分権の進展
    • 独自の政治体制: 戦国大名は各自が独自の政治体制を築き、中央からの干渉を受けずに自らの領地を支配しました。これにより、地方分権が進展し、日本各地で様々な政治体制が見られるようになりました。
    • 軍事力の強化: 戦国大名は軍事力の強化にも努め、領地内の武士団を組織化し、他の大名との戦闘に備えました。

下剋上の風潮

  1. 下剋上の概念
    • 下剋上とは: 下剋上とは、下位の者が上位の者を倒して地位を奪う現象を指します。戦国時代においては、家臣が主君を倒す、若い者が年長者を凌ぐといった形で、権力の逆転現象が頻発しました。
  2. 応仁の乱後の下剋上の進展
    • 社会の流動化: 応仁の乱により社会が混乱し、権力の流動化が進みました。この状況下で、実力を持つ者が新たに権力を握ることが容易になりました。
    • 戦国大名の台頭: 守護大名や地方豪族が、実力によって戦国大名として台頭しました。彼らは下剋上の風潮を背景に、自らの領地を拡大し、独自の支配体制を築きました。
  3. 具体的な事例
    • 織田信長: 下剋上の象徴的な存在として、織田信長が挙げられます。信長は尾張の小大名から台頭し、全国統一に向けて大きな足跡を残しました。
    • 上杉謙信: 長尾景虎(後の上杉謙信)も下剋上により守護代から上杉家の家督を奪い、越後の戦国大名として名を馳せました。

室町文化の発展

室町時代の文化の特徴と銀閣寺

文化の特徴

  1. 禅宗文化の隆盛
    • 禅宗の普及: 室町時代には、禅宗が武士階級を中心に広まり、禅宗の教えや美学が文化に大きな影響を与えました。
    • 禅の影響: 禅の簡素で静寂を重んじる思想が、庭園や茶道、建築などに反映されました。
  2. 茶道の発展
    • 茶の湯の普及: 茶道(茶の湯)は、禅宗の影響を受け、簡素で質素な美学を重視する文化として発展しました。
    • 村田珠光: 村田珠光は、茶の湯に禅の精神を取り入れ、草庵茶室を用いた「わび茶」の基礎を築きました。
  3. 能の発展
    • 能楽の成立: 観阿弥・世阿弥親子によって能楽が大成されました。能は、歌舞伎や現代劇に通じる日本の伝統芸能の一つとして発展しました。
    • 禅と能: 能の静かな動きと深い精神性は、禅の影響を受けています。
  4. 庭園の発展
    • 枯山水庭園: 室町時代には、禅寺の庭園として枯山水が発展しました。石や砂を使って水を表現し、禅の静寂と無常を象徴する庭園様式です。
    • 龍安寺の石庭: 京都の龍安寺の石庭が有名で、シンプルで抽象的な美を表現しています。
  5. 絵画の発展
    • 水墨画: 室町時代には、中国の宋・元の影響を受けた水墨画が盛んになりました。雪舟が代表的な画家として知られています。
    • 金閣と銀閣の屏風絵: 金閣寺や銀閣寺の障壁画もこの時代に発展し、装飾的な美を追求しました。

銀閣寺

  1. 足利義政と銀閣寺
    • 足利義政の時代: 足利義政(1436年 – 1490年)は室町幕府の第8代将軍であり、文化の庇護者として知られています。
    • 銀閣寺の建設: 義政は、京都の東山に東山山荘(後の銀閣寺)を建設しました。1482年に着工され、正式名称は「慈照寺」です。
  2. 東山文化の象徴
    • 東山文化: 銀閣寺は、義政が主導した東山文化の象徴です。東山文化は、禅宗の影響を受け、簡素で静寂を重視する美学が特徴です。
    • 銀閣の美学: 銀閣寺は、金閣寺の豪華絢爛な美とは対照的に、わび・さびの美学を体現しています。外観は質素ながらも、内部には優美な装飾が施されています。
    • 庭園と建築: 銀閣寺には、東求堂や観音殿といった建築物があり、周囲には枯山水の庭園が広がっています。これらは禅の精神と調和し、訪れる人々に静寂と平穏を提供します。

室町幕府の終焉

室町幕府の滅亡と戦国時代の終結

滅亡年と原因

  1. 滅亡年: 1573年
    • 足利義昭の追放: 室町幕府の第15代将軍足利義昭は、織田信長との対立が激化し、1573年に信長によって京都から追放されました。この出来事をもって、室町幕府は正式に滅亡しました。
  2. 原因
    • 織田信長の台頭: 織田信長は戦国大名として勢力を拡大し、中央集権化を目指していました。彼の強力な軍事力と戦略により、多くの戦国大名が信長に従うようになりました。
    • 幕府の権威低下: 応仁の乱以降、室町幕府の中央集権体制は崩壊し、将軍の権威は大きく低下していました。これにより、幕府は戦国大名たちを統制する力を失っていました。
    • 信長と義昭の対立: 初め、足利義昭は信長の支援を受けて将軍職に就きましたが、次第に両者の関係は悪化しました。義昭は信長の独裁的な支配に反発し、信長を討つために他の大名と結託しましたが、逆に信長に敗北しました。

戦国時代の終結

  1. 重要な転換点
    • 中央集権への道: 室町幕府の滅亡は、戦国時代の終結に向けた重要な転換点となりました。信長は旧来の秩序を打破し、新たな中央集権国家の構築を進めました。
    • 織田信長の統一事業: 信長は、各地の戦国大名を次々と征服し、日本統一に向けての基盤を築きました。彼の改革と政策は、後の豊臣秀吉、徳川家康による天下統一に繋がる重要な前提条件となりました。
  2. 戦国時代の終焉
    • 豊臣秀吉の全国統一: 信長の死後、豊臣秀吉がその事業を引き継ぎ、1590年には全国を統一しました。これにより、戦国時代は終焉を迎えました。
    • 徳川家康の江戸幕府成立: さらに1603年には徳川家康が江戸幕府を開き、江戸時代が始まりました。徳川幕府の成立は、戦国時代の完全な終結を意味し、平和と安定の時代が訪れました。

まとめ

室町幕府は1336年、足利尊氏が後醍醐天皇の建武の新政を倒して成立しました。

幕府は京都に本拠を置き、守護大名を配置して地方統治を行いました。南北朝時代の内乱を経て、1392年に足利義満が南北朝を統一し、室町幕府の権威を確立しました。義満の治世は文化と経済が発展し、最盛期を迎えました。しかし、1467年の応仁の乱で中央集権体制が崩壊し、戦国時代が始まりました。

最終的に1573年、織田信長が第15代将軍足利義昭を追放し、室町幕府は滅亡しました。室町幕府の影響として、中央集権から地方分権への移行、文化の隆盛、戦国大名の台頭が挙げられます。この時期の変革が後の江戸時代の安定に繋がりました。