誰かを好きになった時に知らない自分を知るのも恋愛の楽しみの1つ

自分自身

誰かを好きになる

これ、自分を知ることにもなる。

そんな事を考えながら人を好きになるなんて事はないし、そんな事を考えなくても恋愛はできるからどちらでも良いような事なんだけど。

でも、誰かを好きになるって事が、自分の知らない自分をキッカケにもなるんだから、せっかくだから知っておこう!!

そんな事を書きます。

スポンサーリンク

その人を好きに”なれた”のはどうしてだろう?

誰かを好きになるという事。

それって、その人の何かに魅力を感じて、そこに惹かれたということです。

全ての人が、その人のその部分に惹かれるわけではない。
なのに、あなたにはそこが魅力的だと感じた。

つまりそれは、あなたにはそれを魅力だと感じる感性が備わっているということ。

なぜ、あなたがそこを魅力だと感じれるのか。
それがあなた自身を知るという事にもつながります。

スポンサーリンク

誰かを好きになった自分を知るためのポイント

誰かを好きになった時に、次のような事を自問自答してみると、あなたを知るヒントをたくさん得る事ができますよ。

その人の魅力は全てあなたにもある

心理学理論の中でも超メジャーな理論「投影」。

あなたが何かを見たり聞いたりして感じる事は、すべてあなたの中にあるものであるという考え方が「投影」と呼ばれるものです。

無表情な誰かを見て「怒ってるのかな?」と感じた時は、実はあなたが怒っているのでは?と考えてみるという理論で、この説明だけでは「は?」だと思います。

では、挨拶をする人を見て「あの人は礼儀正しいな」とあなたが感じるとしたら、それはなぜか。

同じ人を見ても、それを当たり前だと思って気に留めない人もいたり、中には挨拶をする人を「機嫌取りめ」と思う人も居るかもしれませんよね。

なのに、挨拶をする人を見て「あの人は礼儀正しいな」と感じれるのは、それが礼儀だと知っていて、そうする事が良い事だと感じる感性をあなたが持っているから、という考え方です。

誰かを好きになって、その好きな人を通して感じる魅力は、実は全てあなたが持っている、もしくは、まだ発揮していない魅力なんです。

好きな”感情”を知る

あなたが好きだな・・・と感じる人のどこが好きなのかを挙げると、色々な部分が見つかると思います。

それらは全てあなたの魅力なので、たくさん見つけてみてください。

それと同時に、あなたはその人を通して、どんな感情を味わっているのかを感じてみてください。

あなたが好きだな・・・と感じるその人は、あなたにその感情を感じさせてくれる人だからではないでしょうか?

あなたは、その感情が好きなんです。

その感情が好きなのだという事を知り、それを味わう他の方法は何かないかな・・・と探しながら日常を送ってみてください。

あなたの好きな感情を味わえる何かは、全て、あなたに合ったものです。

もし、音楽を聴いている時に似たような感情を味わえるのだとしたら、あなたは音楽を楽しむ才能を持っているということです。

あなたが好きだと感じる感情を知り、そこから逆算する形で、あなた自身を知ることもできます。

スポンサーリンク

嫌いな人を通しても自分を知る事も出来ます。ただ・・・

ちなみに。

好きな人を通して自分を知るという考え方は、実は嫌いな人を通して自分を知るという事にも応用できます。

あなたが「あいつ嫌いだな・・・」と感じるその人の持っている要素は、実はあなたの中にもあったり、あなたが本当はしたいけど禁じている事だったりします。

嫌いな人と同じ要素を自分に持っていたりするのですが、あまり追求するとしんどいですからね。

まあ、そんな部分が自分もあるのか・・・ぐらいで置いとくとちょうどいいかもしれません。

人間ですから、イヤな部分、汚い部分、誰でも持ってるしね。

それぐらいの感覚で居れればいいのかな・・・と思いますよ。

スポンサーリンク

あなたの周りにはあなたの魅力を持った人たちが溢れている

是非、あなたの好きな人の良い所をたくさんピックアップしてみてください。

いっぱいあると思います。
ありすぎて困るかもしれませんが、どうぞ遠慮なく余すことなくピックアップしてみてください。

それは全てあなたの魅力です。

もし、まだ好きな人がいないな・・・って事なら、好きな人を作ってみてもいいですし、街に出て、「魅力的だな」と思う人の魅力をこっそり観察してみてください。

やはり、それもあなたの魅力です。

あなた自身をただただ見つめるのが、あなたの魅力を知るための方法じゃないんですよ。

是非試してみてください。