焦りや不安を感じる時期ほど丁寧にする

管理人ブログ
この記事は約5分で読めます。

焦ったり不安を感じること

それが仕事であったり、プライベートであったり、人生であったり。

不安や焦りを感じる瞬間というものがあるかと思いますが、その時に、焦りや不安を感じたままで何か行動を起こす事はあまり良い結果を生みません。

焦りや不安は、目の前の事を疎かにしてしまう可能性が高く、疎かにしたツケが未来に返ってきます。

そして、未来の自分は今日の自分よりももっとテンパった状態に陥る・・・という悪循環を起こします。

だから、焦りや不安を感じた時ほど、目の前の事を丁寧にする。
それこそが、あなた望む結果に繋がっていく選択になるのではないだろうか・・・?と僕は思うんです。

スポンサーリンク

焦るときほど丁寧に

集中できない集中できる
質を保つ集中せずに質を保つのは難しい集中すれば質を保ちやすい
質が落ちる集中できないと質が落ちやすい集中していれば質は落ちにくく、
万が一、質が落ちても気づきやすい

焦りや不安を抱えている。
でも、今やっている事を早く終わらせなくてはいけない。

そんな状況の中でこそ、今やっている事を丁寧にやる。
それが未来に良い結果を生みます。

なぜなら、焦りや不安の中で作業を進めると、次のような問題を引き起こしやすいからです。

手順を抜く

焦って慌てているので、目の前の作業の速度を上げて対処する。
これはとてもいい事だと思います。

いつもなら1分の作業を30秒で終える事ができたなら、2倍のスピードで作業を進める事ができてますので、ゴールに到達するまでの時間も短縮されますよね?

ただ問題は、スピードを上げるために、いつもの手順を飛ばしたり、削ろうとしたりする可能性も高まるという事に在ります。

1から10の工程のなかで、5番目の手順は不要かもしれないと自己判断して飛ばしてみた。すると、スピードは確かに上がるかもしれません。

ただ、その5番目の手順があるお蔭で得ていた何かも削除されたことになります。

もし、その5番目の手順が質を左右するポイントだと後々になって気付いた時には、今までの作業をやり直すことになり余計に時間がかかるかもしれませんし、質が落ちた完成品を相手に提示する事になり、評価や評判を落とす事になるかもしれません。

では、なぜ5番目の手順を抜くという判断をしたのかというと、焦って不安でいっぱいだったから。スピードを上げる事を優先した行動が、望まない結果に結びついたということです。

焦っているとついつい、スピードを優先した判断をしがちですし、そうなる事は仕方がないかもしれません。

ただ、その結果として質を落とす事になると、先々によくない影響を及ぼしますので、質を落とさない範囲でスピードを上げるという判断が求められます。

質を落とさない範囲でスピードを上げるために、「丁寧にやる」という意識を持ち続ける事が大切であるという事です。

集中力を欠く

質という部分と関係してくるのですが、不安や焦りを感じていると集中力が落ちます。集中力が落ちると、いつもならしないミスが増えたり、スピードが落ちる事もあります。

これは、集中していないから不安や焦りを感じているという見方もできます。

なぜなら、不安や焦りは「未来」や「過去」に思考が行っているからこそ感じるものだからです。思考が「今」にないので、不安や焦りが生まれています。

例えば。

今している事を以前した時は、1時間かかった。
1時間かかるのだから、期日までに間に合わないのではないだろうか?

そして、どうしよう・・・と不安になり、「やばい!」と焦るという感じです。

意識が未来や過去に行ってます。それはつまり、今に集中できていません。
今に集中できていませんから、今している事の質が落ちるかもしれません。

質の落ちたものを今作ったら、そのツケは未来に返ってきます。
もしやり直しなどになると、更に時間がかかり、さらに焦り・・・と悪循環になります。

だから、今に集中する。
今に集中するために「丁寧にやる」という意識を持つ。

今それを丁寧にやれば未来にやり直しが返ってくることもありませんし、集中すれば、スピードも上がります。

「丁寧にやる」ことが、未来の良い結果にもつながります。

不安や焦る時ほど丁寧にやる事のまとめ

不安や焦りを感じる時。
あれこれと一気にスピーディーに進めたくなるものです。

実際に、スピードを上げなくてはいけない場面もあります。
ただ、スピードを優先して質を落としてしまうと、そのツケは未来に返ってきます。

だから、スピードを上げたとしても、質は落とさないこと。
質を落とさずにスピードを上げるために、焦りや不安を感じるときほど「丁寧にやる」意識を持つことが大切です。

違った角度で言えば、焦りや不安を感じている時は、今に意識がない時です。
未来や過去の事をあれこれ気をもんでいる状態が、焦りや不安と感じている状態です。

今に意識がない状態で急ごうとすると、今目の前の事をおろそかにしてしまう可能性が非常に高まります。

今目の前の事をおろそかにすると、そのツケが未来にきて、余計に時間がかかります。

だから、意識を今にとどめるためにも「丁寧にやる」と自分に言い聞かせてみてください。

そうすることで今に集中できれば、意識が未来や過去に行きませんので、焦りや不安を遠ざける事にもなりますので。

少し勇気は必要かもしれません。
でも、その勇気は未来のあなたのために大切な勇気だと僕は思いますよ。

そして何よりも、人は成長します。
過去に1時間かかった作業が今ならもっと短くできるかもしれませんし、未来は更に効率よくやれているかもしれません。

実際にそうではありませんか?
今は簡単に出来ている事が、昔は難しかったのではありませんか?

人は成長します。
質を保ちつつスピーディーにこなせるあなたへと成長できます。

そこを信じて、今を丁寧に。
丁寧さを心掛けて機敏に。

今できる限界いっぱいを保ち続ければ、想像して不安や焦りを感じるその未来はただの妄想だったと言える日がきっと来ますよ。

タイトルとURLをコピーしました