大塩平八郎の乱

日本史

大塩平八郎の乱(おおしおへいはちろうのらん)は、江戸時代の天保8年(1837年)に、大坂(現・大阪市)で大坂町奉行所の元与力大塩平八郎(中斎)とその門人らが起こした江戸幕府に対する反乱である。大塩の乱あるいは大塩事件とも言う。

大塩平八郎の乱 - Wikipedia

大塩平八郎の乱

  • 1837年、幕府の元役人 大塩平八郎が人々が苦しむ姿を見て幕府へ反乱を起こす
  • 反乱は1日で鎮圧される

大阪の天満付近を中心として、幕府への反乱を起こした大塩平八郎。とても興味深い事件。大阪在住ってこともあるし、幕府にたてついたけど1日で鎮圧ってのもちょっと面白い。

その一部始終をウィキペディアで読んだけど、被害者は一方的に大塩側ってのも、悲しくて好き

タイトルとURLをコピーしました