市民革命

世界史

市民革命(しみんかくめい)またはブルジョア革命、資本主義革命、民主主義革命とは、封建的・絶対主義的国家体制を解体して、近代社会(市民社会・資本主義社会)をめざす革命を指す歴史用語である。

一般的に、啓蒙思想に基づく人権(政治参加権あるいは経済的自由権)を主張した「市民(ブルジョア・資本家・商工業者)」が主体となって推し進めた革命と定義される。代表例はイギリス革命(清教徒革命および名誉革命)、アメリカ独立革命、フランス革命など。

市民革命 - Wikipedia

市民革命

  • 絶対王政(専制君主制) … 国王が議会を無視、政治権力のすべてを握る
    • イギリス:16世紀後半、エリザベス一世
    • フランス:17世紀後半、ルイ14世
  • 市民革命の始まり:市民が主権者となり、議会を通じて国会を運営するための運動
  • 啓蒙思想の始まり

正直、いまいちピンと来ていない。映画などではよく題材になりそうな時代という印象だけど、市民革命ってなものがあったのか…という感じ。ジャンヌダルクとかこのへん?ぐらいの印象。勉強をしてこなかったのをアリアリと実感している。

啓蒙思想

名前 主張 著書
ロック イギリス 民主政治 統治二論
モンテスキュー フランス 三権分立 法の精神
ルソー フランス 人民主義 社会契約論

哲学系の書籍で見た名前という感じ。確か法律を作ったのは?という法律の成り立ちを遡っていくと、ロック、モンテスキュー、ルソーが必ず出てきているという記憶がある。

この3人が市民革命に影響を与えたとのことだけど、結果、民主主義や法治国家の土台の再構築に繋がっていくことを思うと、この3人の影響力はすごいな。今にも残っているんだもんな。

タイトルとURLをコピーしました