イギリス革命(ピューリタン革命・清教徒革命、名誉革命)

世界史

ピューリタン革命

ピューリタン革命または清教徒革命(ピューリタンかくめい/せいきょうとかくめい、英語:Wars of the Three Kingdoms 、直訳:Puritan Revolution)は、狭義には1642年から1649年にかけてイングランド・スコットランド・アイルランドで起きた内戦・革命である。

広義には1639年の主教戦争から1660年の王政復古までを含み、「三王国戦争(Wars of the Three Kingdoms)」「大反乱」「英国内乱(British Civil Wars)」もしくは名誉革命とあわせて「イギリス革命」「ブリテン革命」とも呼ばれる。

清教徒革命 - Wikipedia
  • 指導者:クロムウェル
  • 1642年から内戦、絶対王政を確立しようとする国王の専制政治に反発
  • 1649年 国王を処刑して共和政を始める
  • 独裁を強めたクロムウェルの死後、王政と議会が復活するが、のちに対立

世界史を全然覚えてないな…と痛感している。クロムウェル?イギリス革命?なんやそれと思ってこのイギリス革命のさわりを学んだ。絶対王政を求めるイギリス政府に国民がブチ切れて、国王を殺す。やることが半端ない。でも、反乱軍の指導者も独裁っぽくなるってあたりが法則性を感じて面白い。面白がったらあかんのかもしれんけど。

名誉革命

名誉革命(めいよかくめい、英: Glorious Revolution)は、1688年から1689年にかけて、ステュアート朝のイングランドで起こったクーデター事件である。イングランド国王ジェームズ2世(スコットランド国王としてはジェームズ7世)が王位から追放され、ジェームズ2世の娘メアリー2世とその夫でオランダ総督ウィリアム3世(ウィレム3世)がイングランド国王に即位した。これにより「権利の章典」が発布された。

実際には小規模の戦闘がおこり無血だったわけではないが、当時まだ記憶に新しいイングランド内戦に比べると無血に等しいということで無血革命とも呼ばれている。清教徒革命と併せて「イギリス革命」と呼ぶ場合もある。

名誉革命 - Wikipedia
  • 1688年から革命がおこる。議会が国王を追放してオランダから新しい国王を迎える
  • 暴力や流血なしに革命を達成、権利の章典を定める
  • 世界で初めて立憲君主制議会政治が始まる

スコットランドがイギリスを嫌っているのはなぜ?おなじ国なのにと思っていたけど、この辺から来てるのかな?スコットランドでイングランド国王へのクーデターが起こっているもんな。

で、ウィリアムさんというオランダの方が王になっているけど、ダイアナ妃の子供のウィリアム王子ってこの流れから来てる名前?関係ないのかな?

 

タイトルとURLをコピーしました