アメリカの独立

世界史

アメリカ合衆国の独立(アメリカがっしゅうこくのどくりつ)あるいはアメリカ革命(アメリカかくめい、英: American Revolution)、アメリカ独立革命(アメリカどくりつかくめい、英: American Independence Revolution)とは、18世紀後半に北アメリカの13植民地が結束して宗主国であるイギリス(グレートブリテン王国)の植民地政策に抵抗し、アメリカ独立戦争を経て、当時までほとんど常識であった君主制を離れて、アメリカ合衆国という共和制国家を成立させた一連の出来事のことである。

その後のフランス革命などにも大きな影響を与えた。

アメリカ合衆国の独立 - Wikipedia

アメリカ独立戦争

  • 1775年 独立戦争(イギリスから)が起こる。
  • 1776年 アメリカ独立宣言を発表

アメリカもイギリスの植民地国だったのかな?ウィキペディア情報によると。で、イギリスで独立戦争が起きたので、植民地国でもあるアメリカにもその流れが来た。そんな所だろうか。

母体が崩れると、その子にあたるものまでって流れは、なんかライブドアのフジテレビ買収騒動に通じる何かを感じる。母体を買収すればフジテレビも手に入りますやん的な。あれ?なんか違うな。

アメリカ合衆国の誕生

  • 初代大統領:ワシントン
  • 人民主権や三権分立を柱とする合衆国憲法(1787年)を制定する

1776年にアメリカ合衆国が誕生、と。まだ建国250年ぐらいの国ってことか。そう考えると、そこから世界一に国になったというのは快挙だな。江戸時代初期ぐらいには存在していない国ってことだもんな。

ワシントンが初代大統領。これは映画やらなにやらで嫌ってほど見たので完璧に覚えている。

タイトルとURLをコピーしました