フランス革命

世界史

フランス革命(フランスかくめい、仏: Revolution francaise, 英: French Revolution )とは、フランス王国で1789年7月14日から1795年8月22日にかけて起きた市民革命。フランス革命記念日(パリ祭)はフランス共和国の建国記念日でもあり、毎年7月14日に祝われている。

フランス革命を代表とするブルジョア革命は、封建制的な残留物(身分制度や領主)を一掃し、

  • 資本主義の発展(法の下の平等・経済的自由権・自由な私的所有権など)
  • ブルジョア憲法の確立(国民主権・権力分立・自由権(経済的自由権)等の人権保障を中心とする原理、典型例としてフランス憲法)

を成し遂げた。

フランス革命はアメリカ独立革命とともに、ブルジョア革命の典型的事例である。フランスでは旧支配者(宗教・君主・貴族)の抵抗がきわめて激しかったため、諸々の階級の対立・闘争がもっとも表面化した。

フランス革命 - Wikipedia

フランス革命

絶対王政

  • 17世紀後半 ルイ14世の時代に絶対王政が全盛になる
  • 華やかな宮廷生活と度重なる戦争が国の財政を圧迫
  • 身分による貧富の差が拡大する
    • 聖職者・貴族:税が免除される
    • 商工業者:重い税負担

えげつない時代やな。貴族による華やかで文化的には豊かな時代かもしれないけど、中身はむちゃくちゃ。下の身分の犠牲で上の人たちが潤う…。あれ?こんなこと、いつの時代にもどこかで起きているな。

革命

  • 1789年:フランス革命
    • 三部会の開催をきっかけにパリ・地方で始まる
    • 放棄した市民がバスティーユ牢獄を襲撃
    • ルイ16世の処刑→王政の廃止
  • 1789年:人権宣言
    • 国民議会によって発表
    • 自由・平等・国民主権・私有財産の不可侵などを明記

無茶苦茶な貴族共に鉄槌をくらわしたるで!って感じで革命が発生したのは、もはや当然だとしか言えない。マリーアントワネットもこの革命で死んでるんよな確か。

ナポレオン

ナポレオン・ボナパルト(フランス語: Napoleon Bonaparte、別名(1794年以前): ナポレオーネ・ディ・ブオナパルテ、Napoleone di Buonaparte、1769年8月15日 – 1821年5月5日)は、フランス革命期の軍人、革命家で、フランス第一帝政の皇帝に即位してナポレオン1世(フランス語: Napoleon Ier、在位:1804年 – 1814年、1815年)となった。1世から7世まで存在するが、単にナポレオンと言えばナポレオン1世を指す。

ナポレオン・ボナパルト - Wikipedia

革命への干渉戦争

  • ヨーロッパの国々はフランスを攻撃
    • フランス革命の影響が広がるのを防ぐため
  • 徴兵制:国民の兵役の義務を課して軍事力を強化する制度

戦いの天才と称されるナポレオン。ナポレオンと言われるとついついお酒を連想してしまうけど、お酒の銘柄になるぐらいの著名な人物というのが正しい認識の仕方だね。フランスの初代皇帝。

しかし、フランス革命の影響を受けたくないからって諸外国の攻撃の仕方は人間らしいというか、なんというか。

ナポレオンの登場

  • ナポレオン:外国との戦いで活躍。1804年に皇帝となり、ヨーロッパの大部分を支配する
  • 民法典(ナポレオン法典)の制定。法の下の平等・経済活動の自由・家族の尊重を定める
  • ロシアに大敗、その後の戦争でも敗北が続き、征服地から退く
  • 皇位を退位して流刑になったのに、復帰して再び流刑に

戦いの天才ナポレオンもロシアに敗れ、流刑になる。そして暗殺によってなくなっているとされているが、かわいそうな終わり方だな…。

諸外国と戦いまくり、ナポレオン法典を制定したりと、国のため、民のためにがんばった人って印象なだけに、もっと華やかな終わり方をしてほしかった。

タイトルとURLをコピーしました