産業革命

世界史

産業革命(さんぎょうかくめい、英: industrial revolution)は、18世紀半ばから19世紀にかけて起こった一連の産業の変革と石炭利用によるエネルギー革命、それにともなう社会構造の変革のことである。1733年から1840年付近までの第一次産業革命と、それ以降の第二次産業革命に大別することも可能である。

産業革命 - Wikipedia

産業革命

  • 18世紀後半からイギリスで始まった
  • 工業制手工業から工場制機械工業への変化、それに伴う産業・社会などの変化

イギリスの王室が倒れることで市民革命が広がり、その後、産業の革命が起き…とイギリスを中心に世界が回っていたと言っても過言ではない時期だな…。

イギリスの産業革命

  • 18世紀まで:農業中心の社会、工場制手工業(マニュファクチュア)
  • 18世紀後半:工場制機械工業、紡績機・機織機の発明、蒸気機関の発明
  • 19世紀中ごろ:「世界の工場」と呼ばれる

この時の産業革命の名残が、まだ世界中に残っているような気がする。日本ももちろん生産設備などが残っているのだから、このころの名残が残っていると言っても過言じゃないと思う。

重工業の発達

  • 道路・運河の整備
  • 蒸気機関車・蒸気船の製造
  • 人と物の動きが活発になり都市が発展

蒸気機関車や蒸気船の出現によるインパクトは大きいよな…。特に機関車という大量移動を実現する道具の誕生は世界の生活を大きく変えたと思う。発明者が誰か分からないが、大きな発明だと思う。

タイトルとURLをコピーしました