資本主義

世界史

資本主義(しほんしゅぎ、英: capitalism)または資本制は、国政によってよりも営利目的の個人的所有者たちによって貿易と産業が制御(コントロール)されている、経済的・政治的システム。

特に近現代の資本主義の根幹は、自由資本主義・リベラルキャピタリズム(liberal capitalism)と呼ばれており、資本主義を肯定・擁護・推進する思想や主張は、普通は自由主義とされる。資本主義に基づく社会は「資本主義社会」「市民社会」「近代社会」「ブルジョア社会」等という。

資本主義 - Wikipedia

資本主義

資本主義:利益の追求を目的に、自由に競争しながら生産活動をする経済の仕組み

資本家と労働者

  • 資本家:賃金・工場・機械(=生産手段)を持つ
  • 労働者:資本家から賃金をもらって働く

今の自分の環境にとても馴染んだ構図。それが当たり前の日本に住んでいるんだから当然だし、資本主義の価値観が身に沁みついているって証なんだと思う。スッと入ってくる。

社会問題の発生

  • 貧富の差の拡大:資本家と労働者の経済格差が広がる
  • 労働環境の悪化:低賃金・長時間労働・女性や子供も重労働を課される
    • 労働組合の結成に繋がる

貧富の差の問題は日本に住んでいても起こっているし、労働組合の存在も知らないわけじゃないけど、でも、多分まだ日本はそれほど大きな問題ではないので、この部分がクローズアップされてない気もする。

アメリカのようなゴリゴリの資本主義の国のほうが、この辺りの問題が大きく深いと思うし、どうやって解決するんだろ?とも思っている。

 

タイトルとURLをコピーしました