社会主義

世界史

社会主義(しゃかいしゅぎ、英語: Socialism〈ソーシャリズム〉)は、資本主義・市場経済の弊害に反対し、より平等で公正な社会を目指す思想・運動・体制を指す用語で、社会主義は、生産手段の社会的所有を特徴とし、さまざまな経済および社会システムを包含する政治哲学および運動である。

広義には、社会を組織化することにより人々を支える制度であり、歴史的には空想的社会主義・社会改良主義・社会民主主義・無政府主義・サンディカリズム・共産主義などが含まれる。狭義には資本主義・個人主義・自由主義・私有制などの対語として冷戦時代から使用されている。社会主義と共産主義はほぼ同義の意味として扱われることもある。

社会主義 - Wikipedia

社会主義

  • 資本主義を批判し、資本主義によって拡大した貧富の差を解決して平等な社会を実現しようとする考え方(マルクス)

労働運動と社会主義

  • 労働組合を結成し、労働条件の改善を訴える
  • 労働者を保護する法律の制定

労働組合の存在が資本主義でも出てきたけど、社会主義でも出てくるんだね。労働組合の存在って経済において結構重要なのでは?日本ではあまり存在感がないようだけど、それはそれで問題なのでは?と言う気がしてきた。

参政権の拡大

  • 資本家や労働者が政治への参加を求める
    • イギリス:選挙法を改正し、選挙権が拡大
    • フランス:社会主義者も参加する政権が誕生

参政権の拡大と社会主義のつながりが今一つ自分でも納得できていないというか、繋がりがシックリときていない。選挙が大切なのは当然だとは思うけど、選挙権を与えることが社会主義的なエッセンスに含まれるってことなのかな?経済に主義と選挙についてはもっと勉強したほうが良いってことだね。

タイトルとURLをコピーしました