ドイツ統一・イタリア統一

世界史

ドイツ・イタリアの統一

ドイツの統一

ドイツ統一(ドイツとういつ)は、ドイツ人がホーエンツォレルン朝プロイセン王国の国王ヴィルヘルム1世をドイツ人の統一国家ドイツ国(独: Deutsches Reich)の皇帝として戴くことを決め、1871年に北ドイツ連邦へ南ドイツのほとんどの州が加盟する形で宣言された小ドイツ(ハプスブルク家の影響を除いたドイツ民族の統一)の概念に基づいて連邦制の性質を持ついわゆるドイツ帝国(帝政ドイツ)を成立させたことを指す。

ドイツ統一 - Wikipedia
  • ドイツでは多くの国が分立していたが、プロイセン王国の首相ビスマルクがドイツの諸国を統一
  • オーストリアやフランスとの戦争に勝利
  • 1871年 ドイツ帝国の成立
  • 重工業を中心に工業が急速に発展、富国強兵を進める

19世紀にバラバラだったドイツを統一したという経緯があることを初めて知った。そんなことがあったのか…。東西ドイツの分裂ぐらいしか認識してなかったけど、その前からこういう経緯があったんだね。

イタリアの統一

イタリア統一運動(イタリアとういつうんどう、イタリア語:Risorgimento リソルジメント)は、19世紀(1815年 – 1871年)に起こった、イタリア統一を目的とした政治的・社会的運動である。

イタリア統一運動 - Wikipedia
  • イタリアでは中小の国々が分立
  • サルジニア(サルデーニャ)王国が中心となり統一を進める
  • オーストリアとの戦争に勝利
    • 1861年 イタリア王国の成立
    • 1870年 イタリア統一

イタリアもバラバラの国が統一されたのか。靴の形で”イタリア”とわかりやすく区切られている国だと思っていたけど、バラバラだったのか。知らなかった。

タイトルとURLをコピーしました