インドの植民地化

世界史

インド大反乱

インド大反乱(インドだいはんらん、英: Indian Rebellion、Sepoy Mutiny)は、1857年から1858年の間にインドで起きたイギリスの植民地支配に対する反乱、民族的抵抗運動のことである。かつては「シパーヒーの乱」、「セポイの反乱」、「セポイの乱」と呼ばれたが、反乱参加者の出身・身分が多岐にわたり、インド社会全体に広がっていた事から、最近では「インド大反乱」と呼ばれる様になっている。

インド大反乱 - Wikipedia
  • 17世紀初め イギリス東インド会社がムガル帝国に進出
  • 18世紀後半 フランスとの競争に勝ち、イギリスがさらに進出
  • 1857年 フランスの支配に不満を持つ人々がインド大反乱を起こすが、後に鎮圧される

インド大反乱?なにそのフェスみたいな名前の反乱は…聞いた事がない。ウィキでは、かつては…みたいな説明もあるけど、そのかつても知らん。勉強してこなかった自分がこわい。

つまりはインドを支配下に置こうとしていたフランスとイギリスの両国だけど、フランス側の支配地域で起きた反乱だけど、全土に広がったってことかな?

ムガル帝国

ムガル帝国は、南アジアの近世帝国である。約2世紀にわたって、西はインダス川流域、北西はアフガニスタン北部、北はカシミール地方、東は現在のアッサムやバングラデシュの高地、南はデカン高原の高地まで広がっていた。

1526年に現在のウズベキスタン出身でティムール朝の王族である戦士バーブルが、近隣のサファヴィー朝やオスマン帝国からの援助を受けて、第一次パーニーパットの戦いでデリー・スルターン朝のイブラーヒーム・ローディーを破り、上インドの平原を制圧して建国したと言われている。

しかし、ムガル帝国の帝国構造は、バーブルの孫であるアクバルが支配した1600年までとされることもある。この帝国構造は、最後の主要皇帝アウラングゼーブが死去した直後の1720年まで続き、その間に帝国の地理的範囲は最大となった。

その後、特に東インド会社がインドを支配していた時代には、オールドデリー周辺に縮小されていたが、1857年のインド大反乱を機に、イギリス領インド帝国によって正式に解体された。

ムガル帝国 - Wikipedia
  • イギリスはムガル帝国を滅ぼし、ビクトリア女王が皇帝を兼ねる
  • イギリスの植民地であるインド帝国が成立

ムガル帝国…これも当然のことながら初めて知ったわ。ムガル帝国。名前カッコいいな。強そう。半裸の黒人戦士とか居そう。

強そうだけど、イギリス領によって滅ぼされたのか。なんかイギリスってこのころ争いばっかり起こしてるな。

 

タイトルとURLをコピーしました