明治新政府の改革

日本史

学制

  • 1872年 学制の公布
    • 目的:近代化の基礎作り、教育による国民意識の向上
    • 内容:満6歳以上の男女をすべて学校に通わせることを義務付け、学校制度を定め、各地に大量の小学校を建てる
    • 問題点:授業料や建設費は町や村が負担、農民の働き手が奪われる
      • 就学率は上がらず、学制反対一揆が起こる

学校制度の改革。寺子屋などで自由に学んでいたこと、子供も貴重な労働力とみなしていた時代に、子供に義務教育を受けさせるのは猛反発を受けたそう。確かに、価値観が大きく変わるのだからそれも理解できる。でも、それがあっての今の日本なので、この学制の変化は非常に大きく価値のある変化だと思う。

徴兵令

  • 1873年:徴兵令
    • 目的:武士のみの軍隊から全国民による西洋式の軍隊へ。国民皆兵
    • 内容:満20歳以上の男子に士族・平民の区別なく3年間の兵役を義務付ける
    • 問題点:当初は多くの免除規定が存在し、免除規定に当てはまらない平民の次男・三男が兵役を負う
      • 働き手を奪われる農民だけでなく、今まで特権を持っていた士族からも徴兵に反対する動きが起こる。徴兵令反対一揆(血税騒動)

徴兵制があったが、次男や三男が兵役を負うのか…。働き手を奪われるのはごもっともだけど、国からすると兵士を増やすためにもっと子供を産みなさいと圧力をかけそう。

地租改正

  • 1873年 地租改正
    • 目的:安定した財源の確保
    • 内容:土地の所有者と価格を定め、地券を発行。地価を基準にして税を負担させ、地価の3%を現金で納めさせる
    • 問題点:政府の財政は安定したが、農民の負担は減らない
      • 各地で地租改正反対一揆が起こり、1877年 地租を地価の2.5%に引き下げ

天皇に領地を返したが、それを売り始めたってことかな?そこの理解がまだできていない。
そして、不動産に対しての税金ってことやね。理解。いつの時代も税金は国民の不満の種だし、とりすぎると反乱が起きるのもいつの時代でも同じだね。

タイトルとURLをコピーしました