富国強兵

日本史

富国強兵とは、自国の経済発展を図り軍事力を強化しようとする主張や政策。特に幕末から明治にかけての日本で掲げられた国家的スローガンをいう。その考え方の歴史は古く、春秋戦国時代の中国の古典に由来する。

富国強兵 - Wikipedia

富国強兵

  • 富国強兵:欧米列強に対抗するために近代国家をつくる
    • 主な政策
      • 学制:近代化の基盤づくり、教育による国民意識の向上
      • 徴兵令:武士のみの軍隊から国民による西洋式の軍隊へ
      • 地租改正:安定した財源の確保

欧米列強なみに強くなろうぜって考え方はわかるし、諸外国に対しての負けを受け容れて強くなったような気もする。

タイトルとURLをコピーしました