誰かを好きにならないようにしてる人を理解して接するには・・・

恋愛

誰も好きにならないようにする

そんな自分が居た時期があるな・・・と僕も思う事があります。

そんな時には決まって「俺は誰も好きになれない」とか言ってましたし、恋愛相談を受けた時に、「相手が誰も好きにならないようにしているらしい」と聞いた時には、あー・・・なるほど・・・とか思ってしまいます。

この「誰も好きにならないようにしてる」宣言。

それは、自分は自分が嫌いだから、これ以上嫌われると壊れそうだ!って悲鳴だったりするんだよね。

単純に、嫌われたくないんだよ。

・・・っていえば、「あれ?誰も好きにならないようにしてるって言ってる相手でも、なんとかなるんじゃね?」とか思いますよね。

どうなるのかはわからないけど、チャンスは全然あると思うよ。

スポンサーリンク

傷つかないために好きにならないようにしている

好きにならないようにしている時。

いわゆる中二病的に、自分は可哀そうな人なんだ感を演出している時もあるのはあるのですが、そうしている時すらも、実は内心ではちゃんとした理由があったりするものです。

僕の場合で言えば、怖いんですよ、誰かを好きになるのが。
だって、好きな人に必要とされなかった自分が居るから。

だから、好きにならないようにしていたんです。

でもね、本音で言えば、好きになりたいし、好きだと言われたいんだよ。
だけど、そうしちゃうと、すごく傷つくかもしれないから、好きにならないようにしている。

もう傷つかないためには、好きと言う気持ちを封印するしかない!

そんな発想なんです。

北斗の拳のサウザーって人の話

余談かもしれませんが、僕は漫画が好きでして。

ある日ふと読んだ「北斗の拳」のサウザーってキャラが言ったセリフが、痛いほどわかる・・・と思ったものです。

こんなに苦しいのなら悲しいのなら・・・・・・・・・・・愛などいらぬ!!

当時、義務教育時代の僕ですから、言葉の裏にある深いモノは理解できないはずなのに、一発で分かったんです。

サウザー、辛い事があって寂しい思いしてるんだな・・・一緒だ・・・とか。

そこからサウザーが好きです。
好きと言うか、シンパシーを感じると言えばいいのかな。

このサウザーと同じような気持ちを抱えている人が、好きにならないようにしている人です。

好きになった事が自分にとって悲しく苦しい事に繋がった事がある。
そういう事なんです。

スポンサーリンク

「誰も好きにならない」と言っている人との2つの接し方

もし、好きにならないようにしている人を好きになったら。
そして、あなた自身が好きにならないようにしている人なのだとしたら。

立場は正反対だけど、できる事は同じだったりします。

どちらも「それでも俺(私)は好きだよ」と言い続ける。
それだけでOKです。

時間はかかるけどね。

好きにならないようにしている人を好きになったのなら・・・

好きにならないようにしている人は、「自分自身が自分を好きにならないようにしている」のです。

自分が自分を好きにならないようにしているので、誰かから好きになられても困るし、誰かを好きになる事もできません。

なぜなら、こんな自分が人を好きになるのはダメだし、好きになって傷つくのはイヤだから。

一言で言えば、好きになるのが怖いんです。

自分が自分を好きになる事も、誰かを好きになることも。
でも、それだけ深く傷ついた事があるって事の裏返しでもあります。

そんな痛みを持っている事を理解してあげながら、もしあなたがその人を好きなら「それでも好きだ」という姿勢を崩さないで居てあげる事。

それが、その人の心の傷を癒していく事にもなりますよ。

自分自身が好きにならないようにしているのなら・・・

「誰かを好きにならないようにしている」って言葉の”誰か”には、自分自身が含まれているはずなんです。

それだけ頑なに自分を好きにならないようにしている理由があるはずです。

そろそろ、それを許してあげませんか?

仕方がなかったんです。
そして、あなたはそのつもりがなかったはずです。

今だからわかる事であって、その時はわからなかったはずです。

そして、後悔しているという事は、それだけ自分は何かをしたいと思っていたということ。愛情を送ろうとしていたという証です。

そんな自分自身を、少しだけ褒めてあげませんか?

自分を大好きになれとは言いません。
ほんの少しだけ、頑張った自分を褒めてあげてみてください。

スポンサーリンク

誰も好きにならないようにするほど誰かを大切に思っている

自分を好きになる事が、誰かを好きになる事につながるというのは、まさに、「誰も好きにならないようにしている」という人の姿勢が示してくれていたりします。

自分が自分を好きになれない、むしろ嫌い。
そんな自分を好きにならないでくれないか?

そんな風に思ったり・・・

自分が自分を好きになれない、むしろ嫌い。
そんな自分が誰かを好きになると迷惑をかける。

そんな思いが「誰も好きにならないようにしている」って言葉を紡いでしまっているだけです。

でも、その奥底には、誰かの事を思っている愛情が流れているのは間違いがありません。

そこを信じてみる、信じてあげる。

それが「誰も好きにならないと決めた人」との接し方だし、そうなってしまっている自分自身を変えるコツなのかな・・・って思いますよ。