【3C分析】ビジネスの現状を把握するためのフレームワーク

マーケティング

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

3C分析とは

顧客の変化や競合の動向から、競争上の成功要因と、活かすべき自社の強みを導き出すためによく使われるフレームワーク

要点・ポイント

  • 何を分析するのかという”目的”を明確にしてから使うと高い効果を発揮します。

3C分析の手法・手順

以下の3つの視点で現状を分析する

  1. Customer(市場・顧客) … 市場規模や推移、トレンドや、ユーザーや見込み客のニーズ
  2. Competitor(競合) … 競合他社の最近の具体的な動向、推察できる今後の出方や市場シェアなど
  3. Company(自社) … 自社の経営資源、(相対的な強み)や弱み、自社内の顧客構造など

3C分析のメリット・デメリット

メリット

すぐに現状を分析することができる

何をどうすれば良いのか分からない時などに、自社や自社商品、自社サービスを取り巻く状況をざっと把握、分析する時によく使えます

デメリット

漏れやダブりが起きやすい

把握する状況が広く大雑把なため、どうしても漏れやダブりが起きやすいというデメリットがあります。

3C分析の参考書籍

タイトルとURLをコピーしました