相手を試すような言動を受け止めるためのポイント

対人関係

相手の気持ちを確かめたい

そんな事を思った事はありませんか?

僕はあります。
それが好きな相手であればあるほど、なぜか相手を試すような言動をしてしまう事があるんです。

それと同じような想いで、相手があなたの気持ちを確かめようとして取る行動があります。

それはまるで「ハードルを飛び越えろ!」と言わんばかりに!

あるある・・・ってなってますよね?

今からそんな時には、こんな風に考えてみてはどうですか?って事を書かせてもらいます。

あなたの参考程度にしてもらえれば嬉しく思います。

スポンサーリンク

相手を試してしまう理由

相手を試すって事は、それだけ不安なんです。

石橋を叩いて叩いて、叩きまくって、ハンマー持ってきて叩いて、重機を借りて壊そうとしても、それでも大丈夫なのかどうか。

それでも大丈夫なら、少しだけ信じてやるぜ!って心境が相手を試す側の心理だと僕は捉えています。

なぜこんな事をすると思います?
試される側からすれば、すんなり信じてくれればいいのに・・・って思いますよね。

でも、なんとなく想像はできますよね。

それぐらいに過去に傷ついているんです。
また傷つきたくないから、相手を試して試して、自分を守ろうとしているのです。

怖いんですよ、人を好きになるのが。
でも、人を好きになりたいから試してるんです。

これが、ついつい相手を試してしまう人の心の中で起きている事だったりします。

その上で、あなた自身が覚悟しておいたほうが良いこと、やっておいたほうが良い事がいくつかあります。

スポンサーリンク

相手に試されている時に意識してみてほしい3つのこと

相手を試す人との恋愛は、おそらく相当難しいです。
もういいわ・・・って感じで、ため息が漏れる瞬間が多いと思います。

なぜそんな事が言えるのか?って。
僕がそういうタイプだったからです。

相手を試して試して、そして、試しすぎて相手が去っちゃう経験をたくさんしてきた立場なので、わかるんです。

試しまくってきました。
でも、試しても試しても、やっぱり最後は去っていき、「ほらね」と思うパターンが繰り返されます。

(この「ほらね」を確信したくて試しているという見方もできます)

パターンが繰り返されていると気付いてからは、自己改善に取り組んで、随分解消されたと自覚してますが、それでも、やっぱり人を好きになるのが怖いんです。

そんな元試す側の自分が思う、試される側の方に言いたい事をいくつか紹介させて頂きます。

付き合う義理はない

こんな事を言ってもいいのかどうかわかりませんが、相手のテストに付き合いきる義理はありませんよ。

他にも良い相手はたくさん居ますから、他に目を向けてもいいんですよ。
それでも・・・って事なら、もちろん止めません。

ただ、他にも目を向けてもいいし、付き合い切る義理は一切ないという事は覚えておいてください。

じゃないと、あなたも潰れます。

あなたが潰れてしまうと、色々と相手を試している側は「自分のせいだ・・・」と妙に責任感を感じてしまって、罪悪感を抱えて、逃げ出そうとします。

明るく楽しく受け流す余裕がない時は、構わないのも一つです。

「はいはい」って感じで

同じ目線で、相手のお試し行動を受け止めているときっと体が持ちません。

まあ無限に出てきますから。
ある日ふと相手の態度が変わる!という事もあるとは思いますが、そのある日はいつなのかはわかりません。

チキンレースのようなものですね。

だから少し楽観的に構えてもらうほうが良いと思います。

お試しをしてくるって事は、少なくとも好意があるってことです。
好意がなければやりませんからね。

そこを先ずは信じておいてください。
少なからず好意があるのに、怖いんだよね~ぐらいで、気長に構えておあげてください。

変わる変わらないは本人の事情

ちょっと酷な事を書きますよ。
これは、ギリギリの時にだけ思い出してください。

その人が抱える問題は、その人が解決しよう!と思わない限り、解決できません。

くれぐれも「変えてあげよう」的な事は思わないほうが無難です。

その思いやりはすっごく良い事なのですが、治療に行くつもりがない病人を医者は治せないというようなもので、最初から最後まで本人の意志なんです。(意志と医師がダジャレってる・・・)

本人が「変わりたい」と思っているなら、手助けはできると思います。
でも、本人は変わるつもりがないのなら、見切りをつけても良いんです。

というか、見切りをつけるべきです。

本人は本人の都合でそうしたくてしているだけです。
変わりたくない理由があって、その理由をギュッと抱きしめている限り、絶対に変われません。

あなたに魅力や実力がないのではなく、誰が現れても本人はそうしてしまうし、そういう時期なんだし、本人が変わりたくないのなら変われないんだからと割り切る覚悟は最後に持つようにしてください。

もしかしたら。

ほんっとにもしかしたら、あなたの存在が目の前から消える事で「このままではダメだ・・・」と思うかもしれません。

0.1%ぐらいの可能性かもしれませんが・・・。
そこを期待して、その相手の元から去るつもりで良いと思います。

僕はなかなか変わるつもりがなくて、変わらなくっちゃいけないなと思った頃には、相当の時間が経っていました。

変わらなくっちゃって気づきための時間がその人には必要ですが、それはあくまでその人の都合。

そう割り切るのも大切ですよ。

スポンサーリンク

相手を試す人の心の中で思っていること

相手を試しまくってきた一個人として、当時の心境を書かせてもらいますね。

相手を試す人って、多分、すごく愛されたいんです。
でも、それをどう伝えて良いのか分からないんです。

そうする事を拒否されてきたし、そうした事で傷ついた経験があるんです。

誰かに受け容れて欲しいんですけど、それ以上に、そこに向き合う事すらも怖いんですよ。

相手を試したいわけじゃなく、悲しませたいわけじゃないのに、試してしまって、悲しませてしまって・・・。

俺ってダメだな・・・なんて自己嫌悪もしちゃうんです。
でも、自己嫌悪していることには触れてほしくないんです。

あっち行ってくれ!また悲しませるやん!!ってなるんです。

人から見たら拗ねてるだけやんって言われるのですが、当人からすると、結構本気で辛くて、辛いからそこを見ないようにしています。

どうしたらいいのかわからないってのが本音なんです。

だから、時間をかけて付き合っていけるなら、そうしてあげてください。

でも、時間をかけたくないと思ったのなら、それはそれでOKです。あなたが悪いとかではなく、本人の問題であり、いつかそれに気づく日が来ますから大丈夫です。

今誰かに試されまくっていて辛い思いをしているあなたが、これから明るい未来を迎えるための一助となりましたら幸いです。