【2020年6月】アファメーション実践体験記

アファメーション
この記事は約6分で読めます。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

2020年6月度 アファメーション実践の目的

アファメーション実践を定着させること。
これを目的として実践を続けていきます。

うまくやるのではなく、続けてみる。

2020年6月度 アファメーション実践記録

第一ステップ (~21日前後)

目的:アファメーションを定着させることが第一段階の目的。
上手くやろうとするのではなく、”実践する”ことだけを重視する。

アファメーション文言
  • 「ありがとう」「ごめんなさい」を伝えて良い
  • 最後までやり遂げていい
  • 分け合ってもいい

1日目 (2020年6月6日)

初日。
恥ずかしいようなゾワゾワする感覚を味わいながら実践した。

これといった変化なし。

2日目 (2020年6月7日)

鏡を見て淡々と読み上げる。
特に大きな変化はなし。

専用ツイッターアカウントを開設。

3日目

4日目

5日目

6日目

第一ステップ - 2(7日目以降 ~ 20日目)

  • 俺は運がいい
  • 俺は人が好き
  • 分かち合っていい

「運がいい」「人が好き」を自分自身に思い込ませることが人生に好影響を与えると知り、さっそくそれを取り入れてみようと実践。

7日目

8日目

9日目

10日目

11日目

12日目

13日目

14日目

15日目

16日目

17日目

18日目

19日目

20日目

アファメーション文言を変更して15日だった・・・。

21日目

22日目

23日目

24日目

25日目 2020年6月30日

  • アファメーション文言3つ × 各10回音読

アファメーション文言を鏡に向かって音読。
まだまだ言葉になれていないため、読んでいる感が残る。

そして、今月からスタートしているアファメーション連続実践ですが、無事に途中で一度も断念することなく今月を終えることができそうです。

嬉しい限り。

まだ明確に「これがアファメーションの効果だ!」と呼べるような変化が起きたわけではありませんが、続けなくて効果の検証もできませんので、来月も引き続き続けていきたいと思います。

アファメーションを実践して気づいたこと

目標と段階を作るほうがいいかもしれない

やみくもにパーミッション的アファメーションを繰り返していくのも良いかもしれませんが、自分が到達したい目標と、そこに到達するまでの段階を設けて、一段ずつ上がっていくイメージで進めるほうが良いのかもしれない。

そうしないと、同じようなステージでグルグルと回ることになるかもしれないという不安がある。

宣言後の内側の感覚の変化

同じ文言を言っているだけでも、その文言を言いなれていないときの心の感覚と、言いなれた時の心の感覚が違います。

言いなれてない時には気持ちの悪いザラザラとした感触があるように感じ、とても不快感のある感覚です。

この違和感があるからこそ、普段はその考え方やその行動ができないのかもしれません。
不快感を感じたくはないですからね。

顔の表情の変化

鏡に向かってアファメーションを続けていると、自分自身の表情の変化が起きていることに気づく。

明らかに開始当初よりも”活きた”顔になっている。
顔の形が変わったわけではないが、顔全体から伝わってくるメッセージが変わっているように感じる。

日常に変化が起きる

宣言した内容に即した出来事が起きるようになります。

話しかけられる回数が増えた

運がいいとアファメーションを続けたことによって運がいいと感じる出来事に遭遇しやすくなったり、人が好きだとアファメーションを続けたことによって、人から話しかけられる回数が増えたり。

目標達成できた

仕事で個人的に決めていた目標件数。仕事時間内に達成するのは無理かな・・・と思ってあきらめていたら、運よく終了1分前に達成できた。

意識していた人に遭遇

ある日ふと元カノさん、元気にしてるかな・・・と思った数日後に、町中で偶然すれ違った。

相手は気づいてないが、間違えようもない本人だった。
偶然会ったことにとても驚いたのと同時に、思ったことが現実化しているのかも・・・と感じた。

探していたものが不意に見つかる

探していたアイテムが不意に見つかるという出来事があった。

蚊が出てくる季節なので、蚊を寄せ付けないスプレーを探していたけど、なかなか見つからなかったのですが、部屋の掃除をしているときに不意に見つかりました。

掃除をしたから見つけたという因果関係がありますが、直感的にそのタイミング、その場所の掃除をしようと感じたのは、思ったことが現実化しているのかもしれないとも思いました。

まとめ

パーミッション的アファメーションを継続実践してまだ日が浅いので、まだまだこれから発見があるように感じます。

ただ、それをしていた場合としていない場合の比較ができないので、一概に「こんな効果があった!」と明言できない難しさがあります。

とはいえ、しばらく続けないとわからないことは事実ですので、来月も引き続きアファメーションを唱え続けたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました