【2020年7月】アファメーション実践体験記

アファメーション
この記事は約3分で読めます。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

2020年7月度 アファメーション実践の目的

目的:自分を許す

アファメーションを毎朝実践することが習慣となり定着しつつある。

次はアファメーションの持つ本来の力を活かすために、テーマを明確に設定したいと考え、「自分を許す」ことをテーマに今月はアファメーションを続けていこうと思っています。

(実際は先月末ごろより実践していますが・・・)

2020年7月度 アファメーション実践記録

26日目 2020年7月01日

  • 自分を許すためのアファメーション文言 3つ × 10回

鏡の向かってアファメーションを読み上げる。

もちろんアファメーションそのもので一気に効果がでるわけではないので、気長に様子を見るつもりで続けていきたい。

27日目 2020年7月02日

  • 自分を許すためのアファメーション文言 3つ × 10回

淡々と鏡の自分に向かってアファメーション文言を繰り返す。
この行為そのものに何か変化があるわけではないので、これはこれでOK。

サプリメントのようなもので、した場合、してない場合と如実に何か変化が起きるわけじゃないのがアファメーションの難しいところ。

28日目 2020年7月03日

  • 自分を許すためのアファメーション文言 3つ × 10回

淡々と鏡の自分に向かってアファメーション文言を繰り返す。
アファメーション文言を”教える”言葉よりも、”なんだ”と前提を宣言する言葉に変えるほうが良い気がする。

例)「運が良い男なんだよ」 →  「俺は運が良い」

29日目 2020年7月04日

  • 自分を許すためのアファメーション文言 3つ × 10回

修正を加えた文言を読み上げる。
心への響き方が少し変わる気がする。

読み上げた文言に対して脳が反応し、その反応によって自覚できる何かがある。

30日目 2020年7月05日

  • アファメーション瞑想

アファメーション文言を瞑想の中で唱えるというやり方を実践。

マインドフルネス瞑想を取り入れてようと実践し、習慣として定着しつつあるので、そこにアファメーションを取り入れてみた。

いつもの鏡へのアファメーションと合せるとさらに効果が期待できるかも・・・。

31日目 2020年7月06日

  • アファメーション瞑想

アファメーション文言を瞑想の中で唱えるというやり方を実践。

鏡に向かってのアファメーションのような心がざわつくような感覚はないが、イメージの自分に伝えることによるまた違った感触があるのは確か。

32日目 2020年7月07日

  • アファメーション瞑想

アファメーション文言を瞑想の中で唱えるというやり方を実践。

同じことの繰り返しになっていますし、今はマインドフルネス瞑想に集中するためにこの更新を一度中止します。実践は続けます。

パーミッション的アファメーションを実践して気づいたこと

また書きます

タイトルとURLをコピーしました