怒りという感情

感情
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

怒りとは

攻撃的な気分になり、破壊的な衝動にかられそうになる心理状態にある時に”怒り”を抱えていたり、感じていると表現できます。

怒りが存在する理由

怒りという感情が存在する理由は2つあるとされています。

  1. 相手と戦うため
  2. 相手を威嚇するため

怒りは戦闘のためにある感情で、前者は相手と戦うために怒りを感じることで血管を拡張し筋肉を膨張させて準備するためですし、後者は怒りを表現する事によって無駄な戦いを避けるためでもあります。

いずれにしても戦うために怒りという感情が存在しています。

怒りが発生する条件

自分自身を尊重されていないと感じた時に、怒りが発生しやすくなります。

自分の価値感をないがしろにされたであったり、期待を裏切られたであったり、故意に自分自身を貶められたときなどに、怒りが発生しやすくなります。

怒りについてのまとめ

怒りという感情は戦うための感情です。

自分自身の尊厳を守るためであったり、故意に貶める相手を遠ざけたり排除するために芽生える感情です。簡単にいえば、自己を守るための感情です。

怒りを破壊的な感情として忌み嫌ってしまうよりも、自分を守ろうとしているのだと気付き、そのための行動を大切にするほうが大切な時もあります。

 

タイトルとURLをコピーしました