不安という感情について

感情
この記事は約3分で読めます。

不安になる事は誰にでもあります。
そして、出来れば避けたい感覚の1つでもありますよね?

その不安という感情は一体何?なぜ不安と言う感情があるのかについて説明をさせて頂きます。

スポンサーリンク

不安とは

それが未知であること、準備不足である事を伝える感情です。

例えば・・・

  • 相手が自分をどう思っているのか分からない
  • 今の自分の症状、状態、状況がどうなっているのか分からない
  • 1年後、10年後にどうなっているのかわからない

などなど、未知への準備不足を感じた時に湧き出る感情です。

不安になる原因

不安は未来の事を思った時に感じる感情ですので、不安を感じている時は未来に憂いを感じている時です。

未来を見ていることそのものは決してダメな事ではなく、むしろ良い事です。
不安を感じる事は決して悪い事ではありません。

安心を求めるすぎると・・・

不安から逃れたいという想いは誰もが抱きますが、あまりにその思いが強くなり、安心にすがりつぎたくなりますと、過去を見るようになります。

未来は不確定であり未知であるがために不安なのですが、過去はその正反対で、確定していて1つしかありません。

そのため、安心を得るがために過去にすがる事があります。

安心する事は大切ですが、安心だけを求めると過去ばかりを見る癖がつき、それは成長に結びつきにくい思考習慣となってしまいます。

何のために不安という感情があるのか

不安を感じる事によって、未来や未知に備える事ができます。

未来や未知に備える事によって将来起こるかもしれない問題に対処できるようになりますので、自分自身の安全を守りながら生き抜くために必要な感情と言えます。

不安を感じた時の対処法

不安を感じた時には、不安という感情を優しく受け止めて、リラックスを心掛けること。これが最も効果的な対処法です。

不安をないモノとして見ないフリをしたり、自分自身にプレッシャーをかけてから不安に対処しようとすると緊張状態を高めると逆効果になります。

不安の対処法
不安をコントロールするための2つのポイント 不安の対処法は至ってシンプルです。 次の2つを意識してみてください。 不安が”ある”と認める 身体のチカラを抜く たったこの2つです。 あなたの中に確かに不安があると認...

不安という感情についてのまとめ

不安は未知の事に対して感じる感情の1つです。

未知である事が不安を感じるための条件ですので、その未知の部分を解消することで、不安を解消する事ができます。

例えば、明日の試験に不安を抱えるなら、シッカリと入念に事前のテスト勉強をすることで、その不安を解消することができます。

また、未知に対して開き直る事も不安への対処法の1つでもあります。

いずれにしましても、不安を感じた時には「自分はどんな未知への準備が不足しているのだろう?」と考えてみて、可能な範囲で対処することで不安を取り除く事ができます。

タイトルとURLをコピーしました