【アージ理論】文化の発展と心の進化のギャップ

心理理論

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

アージ理論とは

感情が人間に備わっている役割は、生物として主として生き延びるためであるという考え方があります。

恐怖や不安を感じたら、その対象から退避することが原始時代では生き延びる可能性を高めてくれました。この感情による行動のメカニズムは、現代において不合理で不都合なケースがあります。

このような感情の働きと、環境や状況の不一致をアージ理論と言います。

タイトルとURLをコピーしました