【帰属理論】その原因を内側にあるとみなすか外側にあるとみなすか

帰属理論とは

ある結果の原因を、何に求めるのかを理論化したものを帰属理論と言います。

ある結果の原因を人物の内面にある推論する「内的帰属」、人物の外面にあると推論する「外的帰属」の2つの帰属を無意識のうちに行っています。

人間井はこの2つの推論の傾向があるため、事実を事実のまま正しく捉えて解釈しているのではなく、一部を切り取って考えています。

心理理論
無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

メルマガ購読・解除
 

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

ぜひフォローしてやってください
たけしん
タイトルとURLをコピーしました