性格の分析と分類【ビッグファイブ】

心理理論
この記事は約3分で読めます。

ビッグ5とは

その人の持つ性格の傾向を把握するために、性格を5つの傾向に分類したものです。

分かりやすくまとまっており、また、性格の傾向を的確に捉えていることから、活用される場面が多い学説です。

ビッグ5の提唱者

オレゴン大学の名誉教授であり心理学者でもあるルイス・R・ゴールドバーグ教授が提唱した学説です。

ビッグ5の具体的な説明

ビッグ5という名前の通り、5つの基準を用いて性格を分析していくのがビッグ5です。

分析の仕方はとても簡単です。
例えば、開放性という基準の場合、非常に開放的なのか、そうではないのかという、両極端の間のどこかに位置する事になります。

同様に他の基準もどこに位置するのかを計測し、性格の傾向を導きだします。

その基準が次の5つであることから、ビッグ5と呼びます。

開放的な傾向

新しい何かに対して興味を持ちやすいのかそうではないのかといった傾向の強さです。

開放的な傾向が強い人は、新しい何かを生み出したり、革新的な事が好きですが、開放的な傾向が弱い人は、保守的になり、伝統的なモノを大切にします。

誠実的な傾向

ルールなどの規律への向き合い方に対する傾向の強さです。

誠実的な傾向が強い方は、ルールや規律を守る事に重きを起き、計画を建てて実行することを好みます。

誠実的な傾向が弱い方は、思い付きやひらめきなどを大切にし、感情的な部分を大切にする傾向があります。

外交的な傾向

自分以外の人やモノに対する関心の強さの傾向です。

外交的な傾向が強い方は、他者などに対して強い関心と興味を持ちやすく、集団での行動も好む傾向があります。

外交的な傾向が弱い方は、比較的1人で思慮することを好む傾向があります。

調和的な傾向

他者への共感や協調に対して、どのような傾向があるのかです。

調和的な傾向が強い人は、他者の気持ちや状況を慮る思考や行動を多く取ります。

調和的な傾向が弱い人は、他者との歩みを揃える事にそれほど重きを置かず、マイペースを大切にする傾向があります。

神経症的傾向

ネガティブな感情に対する反応の傾向です。

神経症的傾向な傾向が強い方は、不安などのネガティブな感情に強く反応する傾向があります。

神経症的傾向な傾向が弱い方は、ネガティブな感情などを感じ易い環境や状況でも、それに耐えやすい傾向があります。

ビッグ5の使い道

性格の傾向をいち早く知るために使うことが多いのがビッグ5ですので、時間をかけて相手を知る余裕がない従業員の教育や、営業などの場面などに用いられることがあります。

もちろん、プライベートでも、相手の性格を短時間で的確に把握することができれば、それ以降の人間関係の構築もスムーズになります。

コールドリーディング

初対面で相手の内面を言い当てていくコールドリーディングにおいても、相手の性格的な傾向を序盤で知る事ができれば、その後の展開が非常にラクチンになるため、序盤でこのビッグ5を用いた問いかけをしています。

もちろん、診断形式で質問すると相手も気づきますので、相手が気づかれないような感じで「あなたは新しい事に挑戦するのが好きな一面がありますよね・・・?」となどと問うてみて、その反応を見て判断して性格を読み解いていきます。

ビッグ5についてのまとめ

相手や自分の性格をいち早く、わかりやすくシンプルに知るために用いられることが多い学説がビッグ5です。

5つというシンプルかつ少ない項目数ですので覚えやすく使いやすいという事もあり、色々な場面で用いられています。

習得しておくことで、短時間で相手の性格や傾向を知る事ができますし、相手の性格や傾向を知ることができれば、どうすれば喜ぶのかを高確率で把握することができます。

心理理論
ぜひフォローしてやってください
無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

メルマガ購読・解除
 

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

そこでこんな心理学が使えます
タイトルとURLをコピーしました