【身体像境界】無意識に持っている自分と外の境界線

心理理論

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

身体像境界とは

「自分の身体はここまで、ここからは身体の外だ」

このような境界線を無意識の中で持っているのですが、その境界線の捉え方は人それぞれです。

ある人は、その境界線を強く濃く持ちたいと考えるため、外見を派手にして、自分と外の境界線を明確にしようとします。

ある人は、その境界線を明確に意識できないために、他人に影響をされやすいと悩んでいる事もあります。

そのような自分の身体の境界線のことを、身体像境界と言います。

タイトルとURLをコピーしました