【身体像境界】無意識に持っている自分と外の境界線

心理理論

身体像境界とは

「自分の身体はここまで、ここからは身体の外だ」

このような境界線を無意識の中で持っているのですが、その境界線の捉え方は人それぞれです。

ある人は、その境界線を強く濃く持ちたいと考えるため、外見を派手にして、自分と外の境界線を明確にしようとします。

ある人は、その境界線を明確に意識できないために、他人に影響をされやすいと悩んでいる事もあります。

そのような自分の身体の境界線のことを、身体像境界と言います。

心理理論
無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

メルマガ購読・解除
 

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

ぜひフォローしてやってください
そこでこんな心理学が使えます
タイトルとURLをコピーしました