【割れ窓理論】治安が乱れている象徴があると更に治安は悪化する

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

割れ窓理論とは

「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」という考え方に基づいた環境犯罪学の理論。

割れた窓が多いところはそこを更に荒らしても良い、きっとバレないと判断されやすいので、割れた窓は失くしたほうが良いという考え方です。

タイトルとURLをコピーしました