日本史

日本史

化政文化

化政文化(かせいぶんか)とは、江戸時代後期の文化文政時代(1804年 - 1830年)を最盛期として、江戸を中心として発展した町人文化を指す。化政とは文化・文政を略した言葉。浮世絵や滑稽本、歌舞伎、川柳など、一般に現代に知られる江戸期の町人...
日本史

天保の改革と諸藩の改革

天保の改革(てんぽうのかいかく)は、江戸時代の天保年間(1841年 - 1843年)に行われた幕政や諸藩の改革の総称である。享保の改革、寛政の改革と並んで、江戸時代の三大改革の一つに数えられる。貨幣経済の発達に伴って逼迫した幕府財政の再興を...
日本史

大塩平八郎の乱

大塩平八郎の乱(おおしおへいはちろうのらん)は、江戸時代の天保8年(1837年)に、大坂(現・大阪市)で大坂町奉行所の元与力大塩平八郎(中斎)とその門人らが起こした江戸幕府に対する反乱である。大塩の乱あるいは大塩事件とも言う。 大塩平八郎の...
日本史

江戸中期の海外との付き合い方・外国船の接近

ロシアとの関係 ロシアとの関係性が少し変わる。 1792年 ラクスマンが根室に来航 1804年 レザノフが長崎に来航 アダム・キリロヴィチ・ラクスマン(露: Адам Кириллович Лаксман, 典: Adam Laxman、1...
日本史

寛政の改革

寛政の改革(かんせいのかいかく)は、江戸時代中期、松平定信が老中在任期間中の1787年 - 1793年に主導して行われた幕政改革である。享保の改革、天保の改革と合わせて三大改革と称される。 寛政の改革 11代将軍の老中 松平定信の改革 きき...
日本史

田沼政治

田沼時代(たぬまじだい)は、日本の歴史(江戸時代中期)において、老中・田沼意次が幕政に参与していた時期を中心とした時代区分。 史学上は宝暦・天明期(ほうりゃく・てんめいき)として、宝暦・明和・安永・天明期(1751年-1789年)、すなわち...
日本史

開国・ペリー来航

黒船来航(くろふねらいこう)は、嘉永6年(1853年)に代将マシュー・ペリーが率いるアメリカ合衆国海軍東インド艦隊の蒸気船2隻を含む艦船4隻が日本に来航した事件。 艦隊は江戸湾入り口の浦賀(神奈川県横須賀市浦賀)沖に停泊し、一部は測量と称し...
日本史

開国後の日本・尊王攘夷運動

開国後の影響 開国後の貿易 最大貿易港:横浜港 最大の貿易相手国:イギリス 輸入:毛織物・絹織物・綿糸・兵器など 輸出:生糸・茶など 生糸を大量生産して輸出するため、国内は品不足になり価格が高騰 また、イギリスから安くて良質な綿織物・綿糸が...
日本史

江戸幕府の滅亡

攘夷から討幕 攘夷の失敗 生麦事件(なまむぎじけん)は、文久2年8月21日(1862年9月14日)に、武蔵国橘樹郡生麦村(現在の神奈川県横浜市鶴見区生麦)付近で、薩摩藩主島津茂久の父・島津久光の行列に遭遇した騎馬のイギリス人たちを供回りの藩...
日本史

明治維新

明治維新とは、江戸時代末期(幕末)から明治時代初期の日本国内で行われた幕藩体制を打倒して天皇を頂点とした中央集権統一国家を形成、幕府の封建社会から資本主義社会へ移行した近代化改革を指す。政治や中央官制・法制・宮廷・軍事・身分制・地方行政・金...
日本史

中央集権体制

中央集権体制へ 中央集権体制 1869年 版籍奉還:藩主から領地と領民を天皇に返させる 1871年 廃藩置県:すべての藩を廃止して県を置く。府知事と県令を置く 廃藩置県はなんとなく覚えてるけど、その前に版籍奉還があったのを初めてしった。まず...
日本史

身分制度の廃止

身分制度の廃止 新政府は「四民平等」の理念に基づき、江戸時代の士農工商(四民)の身分制度を改革 皇族以外はすべて平等とした 皇族 天皇の一族 華族 公家・大名 士族 元の武士 平民 農民・職人・商人 1871年 解放令:えた・ひにんなどの呼...
日本史

明治新政府の改革

学制 1872年 学制の公布 目的:近代化の基礎作り、教育による国民意識の向上 内容:満6歳以上の男女をすべて学校に通わせることを義務付け、学校制度を定め、各地に大量の小学校を建てる 問題点:授業料や建設費は町や村が負担、農民の働き手が奪わ...
日本史

富国強兵

富国強兵とは、自国の経済発展を図り軍事力を強化しようとする主張や政策。特に幕末から明治にかけての日本で掲げられた国家的スローガンをいう。その考え方の歴史は古く、春秋戦国時代の中国の古典に由来する。 富国強兵 富国強兵:欧米列強に対抗するため...