心理理論

心理理論

【身体像境界】無意識に持っている自分と外の境界線

身体像境界とは 「自分の身体はここまで、ここからは身体の外だ」 このような境界線を無意識の中で持っているのですが、その境界線の捉え方は人それぞれです。 ある人は、その境界線を強く濃く持ちたいと考えるため、外見を派手にして、自分...
心理理論

【社会情動的選択性理論】限られた人生を無駄にせずに大切に過ごしたい

社会情動的選択性理論とは 「社会情動的選択性理論」は生涯にわたるモチベーションについてを説いていると言われる理論です。 人生には限りがある、その残り時間は少ないと分かった時どうするのか。 多くの人は、その残りわずかな時間を、もっと...
心理理論

【社会的学習理論】他者をマネして学習していくという理論

社会的学習理論とは 人間は他者を模倣して新たな考え方や行動を習得していきます。 つまり、他者の影響によって習慣、態度、価値感をも学習して習得していっているのだと考える心理学理論です。
心理理論

【初頭効果】出会って数秒の印象の評価に引きづられる

初頭効果とは 第一印象で得た情報によって相手を評価し、その評価に後々も引きづられるという心理理論です。 コミュニケーションのアドバイスとして、初対面の時こそ見た目が大切とか、出会って数秒が重要だということを言うのは、この初頭効果によ...
心理理論

【心理的リアクタンス】自由を制限されると自由を回復したいと思う

心理的リアクタンスとは 「自由を制限されると、その自由を取り戻したいと激しく抵抗し、自由を回復しようとする」 このような心理現象のことを「心理的リアクタンス」と言います。 例えば「このイチゴ、食べたらダメだよ」と小さな子に言う...
心理理論

【錯誤行為】些細なミスも深層心理のシグナルと見る理論

錯誤行為とは 聞き間違い、読み違い、勘違い、忘れ物、物忘れなど、日常生活の中で誰に身にも起きうるような些細なミスのことを錯誤行為と呼びます。 ただの不注意と言えるような些細なミスも、内面の何らかの変化を示すシグナルであると捉えること...
心理理論

【権威主義的パーソナリティ】権威者を無批判に受け入れる社会的性格

権威主義的パーソナリティとは 権力を持ったり、財力を持つなどの社会的強者や権威者の意見を無批判に受け入れ、社会的には少数派の意見や考え方を持つ人を憎む社会的性格の事を権威主義的パーソナリティと言います。
心理理論

【肯定的意図】すべての行動には何らかの意図が必ずある

肯定的意図とは 今あなたが取っている行動には、肯定的な意図がある。 その行動が悪い結果を導くものだとしても、なんらかの意図を持って行動しているという考え方です。 望まない結果がでる行動なのに、その行動には何らかの肯定的意図があると...
心理理論

【行動理論】すべての行動は学習によって生まれている

行動理論とは 「状況を悪化させる、または維持する状況やシステムは不適切な学習によって生まれる」 このような言葉で定義されている理論、行動理論。 それにふさわしくない状況は、学習(もしくは未学習)による行動によって生まれているの...
タイトルとURLをコピーしました