心理テクニック

心理テクニック

【自己開示の返報性】自分をオープンにすると相手もオープンになる

自己開示の返報性とは 自分の内側をオープンに相手に打ち明ける”自己開示”と、された事のお返しをしたくなるという”返報性”がミックスされたのが、自己開示の返報性という理論です。 自分の事を打ち明けると、相手も自分に打ち明けてくる。 ...
心理テクニック

【嫉妬のストラテジー】嫉妬心で関心を惹きつける

嫉妬のストラテジーとは 嫉妬心をたきつけて、自分を相手の気になる存在に仕立て上げるという心理理論です。 例えば、異性の友達との会話の最中で、急にその場にいない異性の話題を持ち出してみることで嫉妬心を炊きつけて、こちらの存在を意識させ...
心理テクニック

【スティンザー効果】複数人が参加する場所に見られる心理状態の現れ

スティンザー効果とは スティンザー効果とは、会議の場など、複数人が同じ場所に集まって着席して意見を出し合う状況における、心理がもたらす影響を説いた理論です スティンザー効果では、主に次の3つの法則性を説いています。 正面に...
心理テクニック

【スケーリングクエスチョン】感覚的な事を数値化して客観性を持たせる技術

スケーリング(スケーリングクエスチョン)とは 心などの目に見えないモノは、その強さ、大きさを客観的に見ることがとても難しいという特徴を持っています。 「とても悲しい」という感覚を感じているが、それがどの程度なのかは見えませんが、それ...
2019.09.02
心理テクニック

【クローズドクエスチョン】二者択一的な質問をする話法

クローズドクエスチョンとは 回答者に二者択一の回答を求める質問話法をクローズドクエスチョンと言います。 二者択一的な質問をする事によって、回答者をこちらの求める方向へ誘導するなどの目的で使われます。 例えば「もし一緒にデートを...
2019.08.28
心理テクニック

【カタルシス効果】負の感情を表現して心を浄化する作用

カタルシス効果とは 悲しみや苦しみ、痛み、怒り、不満、妬み、憎しみなどの心の無意識化にため込んでいる負の感情を吐き出すことで、心は浄化されていくという考え方があります。 この心の浄化作用を「カタルシス効果」と言います。
心理テクニック

【ベンジャミン・フランクリン効果】好意を合理化しようとする心理

ベンジャミン・フランクリン効果とは 人間には自分の行動には合理性があると考える傾向があります。 それを利用して、他人に自分に対する行動を起こすように仕向けることで、相手の中で「自分はあの人のために行動を起こしたという事は、きっと好き...
2019.09.12
心理テクニック

【クライマックス法】結論を最後に伝える伝え方

クライマックス法とは 結論を最後に伝える伝え方です。 結論を最後に伝えますので、それまでは、その結論に至るまでの理論や背景を先に述べることになります。 いわゆるオチを付ける話し方です。
2019.08.28
心理テクニック

【アンチ・クライマックス法】結論を先に伝える話法

アンチ・クライマックス法とは 自身が最も伝えたい事(結論など)を先に伝え、その結論に至った背景や理由を続けて話すという伝え方をアンチクライマッスク法と言います。 論文やビジネス文書などに用いられることが多い話法です。
2019.08.28
心理テクニック

【マジックナンバー7±2の法則】人間が一度に把握できる限界数

マジックナンバー7±2の法則とは 人間が瞬間的に記憶できる数字は5つから9つであるという、人間の瞬間的な情報処理能力の平均ならびに限界を示している理論です。 しかし、昨今になって7や9は上限として大きすぎて、5程度が限界だとする理論...
2019.09.12
タイトルとURLをコピーしました