心理テクニック

心理テクニック

【オープンクエスチョン】自由に回答できる形式で質問する

オープンクエスチョンとは 回答者に二者択一での回答を求めるのではなく、自由に回答してもよい形式で質問する話法のことを言います。 例えば、「今日、いい天気ですね?」は「そうですね(YES)」か「そうですか?(NO)」の回答になります。...
心理テクニック

【ミラーリング】相手の仕草を真似ることで親密感を得る心理理論

ミラーリングとは ミラーリングを和訳すると「鏡映」となるように、ミラーリングとは鏡に映したという意味合いを持つ言葉です。 心理テクニックとしてのミラーリングには次の2つの意味があります。 相手の仕草を鏡合わせのように真似す...
心理テクニック

【マジカルナンバー7±2の法則】人間が一度に把握できる限界数

マジカルナンバー7±2の法則とは 人間が瞬間的に記憶できる数字は5つから9つであるという、人間の瞬間的な情報処理能力の平均ならびに限界を示している理論です。 アメリカの認知心理学者であるジョージ・ミラーにより1956年に提唱されまし...
2020.07.29
心理テクニック

【アファメーション】自分で自分に言い聞かせる肯定的自己暗示

アファメーションとは 自分自身の無意識にある「思い込み」や「信念」と呼ばれる部分を、自分自身にとってよりよいモノへと作りかえるための方法の1つです。 自分にとってふさわしい言葉を、毎日紙に書いたり、毎日言葉にして発することで内面に沁...
心理テクニック

【友達のジョン話法】言いたい事を間接的に伝えて受け容れさせる話法

友達のジョン話法とは 伝えたい事を直接伝えるのではなく、「○○が言っていたよ」と間接的な伝えた方をする話法を、友達のジョン話法(マイ・フレンド・ジョン・テクニック)と言います。 友達のジョン話法の具体的な説明 友達のジョン話法の優れた...
2020.07.05
心理テクニック

【パーミッション】自分自身の心に許可を与える

パーミッションとは パーミッションとは”許可を与える”という意味を持つ英単語であり、実際に、自分自身に許可を与えるというアプローチの事を意味しています。 パーミッションの具体的な説明 僕たちは自分の中にルールを持っています。 そのル...
2020.06.06
心理テクニック

【フット・イン・ザ・ドア】小さな要求を先ず通す

フット・イン・ザ・ドアとは 相手の承諾から生まれる慣性を利用した交渉術。段階的要請法ともよばれる。 依頼や交渉の際、相手が承諾しやすい要求から始めて、徐々に要求を大きくしていく話法のことで、小さな要求への承諾をステップとしながら、最...
2020.06.02
心理テクニック

【ドア ・イン・ザ・フェイス】大きな要求から譲歩する

ドア ・イン・ザ・フェイスとは 要求水準の落差を利用した交渉術。譲歩的要請法ともよばれる。 依頼や交渉の際、最初に難度の高い要求を出して相手に一旦拒否させておき、それから徐々に要求水準を下げていく話法のことで、先立つ要求を目くらまし...
2020.06.02
心理テクニック

【肯定的ダブルバインド】どちらを選んでもコチラの思惑通りの話法

肯定的ダブルバインドとは どちらを選んでも正解という選択肢を提示し、こちらの意図する方向へと誘導する話法を肯定的ダブルバインドと言います。 肯定的ダブルバインドの具体的な説明 どちらを選んでも、こちらの意図としては正解になる問いかけを...
2019.06.24
タイトルとURLをコピーしました