「自分の気持ちがわからない」という状態を抜け出すキッカケとなった習慣

この記事は約4分で読めます。

瞑想をする。

それによって得られる変化はたくさんあるらいしですが、最近、「あ、これは瞑想のお陰かもな」ってことが1つあります。

それは自分の気持ちに気づく感度が良くなったということです。

多分ね。
これはマインドフル瞑想を積み重ねてきたことで、少しずつ研ぎ澄まされた気がするんです。

そんなことをお話したいな・・・って思います。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

「自分の気持ちがわからない」をマインドフルネス瞑想で改善されたと思っています

マインドフル瞑想では、自分自身への感覚に意識を向けつづけます。
雑念が浮かんだら、呼吸に意識を傾ける。雑念、呼吸。雑念、呼吸。

この連続なんです。

雑念が浮かんでもそこに意識をとらわれないようにしよう。
自分自身を感じるようにしよう。

この繰り返しによって育った感性が、「自分の気持ちがわからない」を抜けださせてくれたと思っています。

自分を感じるアンテナが育っていく

マインドフルネス瞑想では、自分の”感じていることを感じる”のを重視しています。

呼吸を意識することもそうですが、身体が膨らんで縮む感じであるとか、そういった自分の感覚を見ることを大切にしています。

その繰り返しによって、どんどん自分を感じるアンテナが磨かれていきます。

あ・・・今怒っているんだな。
あ・・・すごく集中できているな。

そんなふうに自分を感じられるようになります。

戻るべき状態がわかる

マインドフルネス瞑想によって、自分が基本とする状態を感じられるようになったと思っています。

ゼロと言えばいいのか、センターと言えばいいのか。

呼び方はわかりませんが、心地が良く、心が落ち着いている状態はどのような状態なのかがどんどんわかってきます。

これが分かるようになると、今自分が怒っていると感じたとしても、それはセンターからかなりズレた状態なんだということを感じ取ることができます。

そこから自分の基本の状態に戻るようにしよう・・・と意識することで、怒りの感情に囚われている自分から戻ることができるようになります。

戻るべき状態が分かるので、今の自分はどういう方向にどの程度どうなっているのかがわかります。つまり、自分の気持ちがわかるようになります。

今、自分の気持ちがわからない状態から抜け出そうとしていてわかる事

まだまだこれからいろいろなことが分かってくるとは思うんです。

ただ、今の段階、今日の段階で自分が「気持ちがわからない」という状態から抜け出しつつあると気づけているからこそわかることをピックアップさせてもらいます。

相手が出す結果重視だった

相手がどのような結果を出すのかが重要すぎて、最終的に「何もしない」という選択を取ることが多かったように思います。

今の自分は相手が出す結果が良いものであってほしいが、それは二番目かもね。自分がしたいと思って行動に移すことが大切だ。

そう思う場面が増えてきています。

つまり自分の気持ち中心、自分軸で考え、行動を取るようにできるようになっています。

自分の気持ちを感じるのも練習

「自分の気持ちがわならない」というのは、そうすることを練習してなかったためだと思うんです。

自分がどう思っているのか、どうしたいのか。
そこを考える時間が圧倒的に少なく、そうすることを避けてきたためだと思うんです。

逆に言えば、他人の考えや感情を考えることばかりを優先してきたせいで、そうすることが上手くなってしまったんじゃないかな?と。

そして、他人の考えを想像するのが上手く、自分の考えを感じるのが下手なのだとしたら、上手くできるほうを優先するようになるのはある意味自然なんじゃないかな?と。

結果、”自分の気持ちがわからない自分”に仕上がっていくんじゃないかな?と思います。

自分の気持ちがわからないのは、ただの練習不足。
練習を積めばわかるようになるということが、マインドフルネス瞑想で分かるようになった気がしています。

つまり・・・

自分の気持ち、感じていることがわからないのなら。
それをを知る練習を重ねることで、そこはどんどん改善されていきます。

僕はそれをマインドフルネス瞑想の実践を通して実感することができました。

心理カウンセリングで心理カウンセラーが聞くことを大切にしている理由も、根底は同じだと思うのです。

自分の気持ちを感じ、それを表現することが苦手だからつらいのだ。
それを感じ、表現する手助けをしてあげよう。だから聞いてあげよう。

そういう事なんじゃないかな?と思います。

 

僕は「自分の気持ちがわからない」って思っている人は、少しの努力だけでそこから抜け出せると思っています。

なぜなら「自分の気持ちがわからない」ってことを気づけたのですから。
それは自分の気持ちが分かった一歩目だと思いますよ。

本当に自分の気持ちがわからないままの人は、そう感じる事すらもできずに今も生きていますし、そういう人は多いと思いますよ。

 

ってなわけで、何の笑いもなく、ただただ真面目なトーンで書いてしまいましたが、自分の気持ちがわからないというのは、練習で抜け出すことができるよ。

僕にとっての練習とは、マインドフルネス瞑想でしたという記事でした。

もし、自分の気持ちをわかる自分になりたいと思うのなら、マインドフルネス瞑想を試してみるのも良いかもしれませんよ。

コストゼロで、今すぐに誰でも始めることができますしね。

最後まで読んでくれてありがとう!

タイトルとURLをコピーしました