心理カウンセリングがもたらす効果

心理カウンセリング

心理カウンセリングを受ける

それによって心がラクチンになるというのが一番のメリットではありますが、具体的にはどのような効果があるのだろうか。

誰にでも効果があるのか?
ちょっとした悩み程度ではいやがられるのではないだろうか?

もし嫌がられるのだとしたら、それは避けたいしな・・・

でも効果があるのなら是非受けたいし・・・そのような悩みの解決の手助けとしてお役立て頂きたく、心理カウンセリングの効果と相談できる主な悩みについて紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

心理カウンセリングがもたらす効果

心理カウンセリングを利用することでどのような効果をもたらすのかを、表にまとめてみました。

主観客観
聞く自身の状況や気持ちを客観的に教えてもらえる心理カウンセラーのアドバイスを聞ける
話す気持ちや考えを話すことでスッキリする自身の状況や心理状態に客観的になれる

主に3つの側面で効果があると考えて頂くとわかりやすいかもしれません。

悩みを話すことで気持ちがすっきりと晴れたり、話しているうちに自分の考えや状況が整理できて解決のヒントが見つかったり、心理カウンセラーさんの立場で、より良くなるためのヒントを頂けたりする。

これが心理カウンセリングによって得られる効果です。

気持ちを話すことで心が解放される

辛くて苦しい時、誰かに言いたいけど誰にも言えないような悩みなどをカウンセラーさんが受け止めてくれます。

心理カウンセラーさんは「気持ちを聞く」ことを非常に大切にされており、聞くことのプロでもあると言っても過言ではありません。

なぜなら、心理学には「話すこと」は「離すこと」という考え方があり、悩みや問題は誰かに話すことで開放されて行くとされているためです。

あなたの悩みや不安を全てうけとめて、心を開放してあげるお手伝いとして、あなたの聞き役に徹してくれます。

客観的な視点で見つめるお手伝い

考えや思いを話しているうちに、どんどん整理されていったという経験をされた事はありませんか?

話すという事は、自分の考えをまとめて言葉にするという過程が必要で、その過程を通して自分の中で考えが整理されていくことも少なくありません。

話すことで自分自身を客観的に見つめたり、気持ちに客観的になるためのお手伝いをする事も心理カウンセラーさんの役目でもあります。

心のストレッチ体操のようなアドバイスを頂ける

心が疲れてしまっていたり、悩みに悩んでカチコチになっている時には、前向きに行動しようという気持ちにはなりにくいものです。

そんな時に無理に気持ちを奮い立たせるのではなく、心を柔らかくするためのストレッチ的なアドバイスを心理カウンセラーさんはしてくださいます。

心理カウンセリングで相談できる主な内容

心の中にあるモヤモヤ、それがどのようなモヤモヤであったとしても、心理カウンセラーさんは受け止めてくださいますし、解決の手助けをしてくださいます。

あなたが「相談してもいいのかな・・・」と思われる事があるのなら、遠慮せずに相談しても良いんです。問題に大小はありません。

その上で、主に次のような事で心理カウンセリングを利用する方が多いようです。

失恋の悩み・苦しみ

失恋して傷ついた心、そのモヤモヤを受け止めてくださいます。
そして、傷ついた心を癒すための手助けをしてくださいます。

また、ただ傷を癒すだけではなく、失恋から自分自身を成長させるためのアドバイスもしてくださるカウンセラーさんもいらっしゃいますので、失恋から立ち直る方法の1つとして活用される方も多くいらっしゃいます。

復縁の一助としても

復縁を望む方が利用するケースも少なくないようで、もし、復縁を望まれるなら、それに向けて今から取り組んでみて欲しい事のアドバイスをしてくださるカウンセラーさんもいらっしゃいます。

復縁を成功させる方法の1つとして利用する方もいらっしゃいます。

家族の不仲

家族の不仲から来る精神的な疲れをほぐすために心理カウンセリングを利用される方がいらっしゃいます。

一口に家族の不仲と言っても色々なケースがありますが、些細な事だと思われる事であっても、大きすぎて相手にしてもらえないのでは・・・と思うような事あっても、シッカリと受け止めてくださいます。

最近は、DVやアダルトチルドレンなど、家庭内の愛情のほつれから来る問題が社会問題にもなっていますので、その状況から抜け出す一助としての活用も増えているようです。

アダルトチルドレン

子供の時代に愛情を受け取る事ができなかったり、甘える事ができないまま大人になると、満たされない精神的な部分を抱えた大人(アダルトチルドレン)として社会に出る事になります。

その満たされなかった愛情を社会の中で、他者を通して受け取ろうとするので、愛情や友情が上手く構築できない・・・という新たな悩みにつながる事があります。

そのアダルトチルドレンの解消として利用する方も増えています。
実際に、僕が心理カウンセリングを受けた時に言われたのは、このアダルトチルドレンの傾向があるよねって事でした。

DV・ネグレクト

虐待や育児放棄などの、幼少期に親から十分に愛情を持って接してもらえなかった方のカウンセリングも受け付けておられます。

幼少期の頃の愛情の不足は、そのまま自信のなさや他者への不信につながり、生きづらくさせる事がよくあります。

その解消に向けてのカウンセリングをしてくださいます。

心理カウンセリングの効果まとめ

小さな悩みでも心理カウンセリングを受けても良いのかどうかで言えば、OKです。もちろんOKなんですよ。

もし自分の悩みを小さな悩みだと思ってしまう癖があるのなら、それだけ今まで自分自身に精神的なストレスをかけてきているという事でもあるためです。

「我慢しろ、辛いのはお前だけじゃない」。
そんな事を言い聞かされ続けて我慢を続けるくせがついてしまっている人ほど、精神的には限界ギリギリになっている事がよくあります。

だからこそ、無理をせずに、辛いな・・・と思ったら一度相談してみる事をオススメします。

まだ大丈夫と思っている時が、心理カウンセリングを受けるベストタイミングですよ。

自分で自己診断して症状を決めつけるよりも、プロや専門家が診断して症状を見極めるほうが、正しい診断ができますし、正しい診断ができるからこそ、解決もスムーズにすすみますしね。

心理カウンセリングの選び方をご覧いただいて、是非一歩踏み出してみる事をオススメします。