【環境決定論】外的影響によって行動が左右される

心理理論

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

環境決定論とは

人間の活動は、自然環境の強い影響を受け、それに適応しようとした結果として地域さが生まれるとする地理学における環境決定論という考え方があります。

これと同じように、環境などの外的要因によって行動を取ることがあるとする理論が心理学にもあります。

タイトルとURLをコピーしました