羨望という感情

感情

羨望とは

自分に持ってない資質や才能、または特別な権力などを他者が持っていると気付いた時に感じる、苛立ちと憎しみが交り合った感情の事を指します。

なぜ羨望という感情があるのか

ドロットしたイヤな感覚を覚える羨望という感情を味わいたいという人は多くいないのに、なぜ、そのような感情を抱くように人間が設計されているのか。

それは、羨望という感情を抱いた対象に自身もなろうとすることが、共同体としての利益になるためだと言われています。

例えば、お金を稼ぐ男がモテている姿に羨望の感情を抱き、自分もそうなろうとして努力して成長していくことは、共同体全体で見た場合、もう一人、稼げる男が誕生して共同体が豊かになるという事を意味しています。

共同体の発展のためには、羨望という感情はとても大きな意味を持っています。

羨望という感情が生まれる条件

羨望という感じたくない感情を感じてしまうのはなぜか。

他人が自分にはない才能や資質を持っていて、それは埋めようもないほど明らかな差があるものだと感じた時に羨望という感情が生まれます。

ただ、他人が持っている何かに自分自身も少なからず興味や関心を持っている事が条件として欠かせません。

自分自身が興味も感心も持たない事に関する才能や資質を他者が持っていても、羨望という感情が芽生える事はありません。

羨望という感情についてのまとめ

自分にない資質や才能を持つ他者を見た時に感じる羨望という感情。

イヤな感覚を覚える感情ですので、なるべく感じたくはないモノではありますが、羨望という感情があるからこそ、それをバネに自分を成長させようとすることもできます。

その成長は、共同体全体、社会全体の利益となりますので、羨望とうい感情には発展という良い面を持っています。

感情
無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

メルマガ購読・解除
 

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

ぜひフォローしてやってください
そこでこんな心理学が使えます
タイトルとURLをコピーしました