【極端の回避性】極端な選択肢を嫌う

心理理論

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

極端の回避性とは

複数の選択肢を与えられると、極端さを嫌って、真ん中の選択肢を選ぶ傾向があるとする心理理論です。

「上中下」「松竹梅」など商品に3段階の選択肢がある場合、質に疑問のある最下位は不安だし、最も価格が高い最上位はコスト面で不安があるので、無難な真ん中を選ぶというものです。

タイトルとURLをコピーしました