恐怖という感情

感情
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

恐怖とは

”怖い”と感じる感覚のことを恐怖と言います。

恐怖という感情がある理由

恐怖は危険を察知して、損害を最小限に抑えるための準備行動を取らせるという役割があります。
これは人間が狩猟時代を生き延びるために最も重要だだった能力です。

暗闇の中にいる獣に注意を配すためには、恐怖という感情が不可欠でした。
また恐怖を感じることによって、その恐怖の対象となる獣の襲撃に備える事ができます。

ところが現代は未知の生物が暗闇から襲ってくるなどの危険はありません。
代わって、文化や技術によって生まれたモノから派生する恐怖を抱くようになりました。

高所であるとか、高速であるなどです。

恐怖が湧きあがるキッカケ

恐怖があるお蔭で、その恐怖に対しての備えができます。
備えができるので、成果を得たり、被害を最小限にできます。

恐怖心があるお蔭で、文明は発達してきたし、科学も進化してきたとも言えます。

恐怖は不可欠な感情

恐怖に敏感であることを臆病モノなどと言う事があります。
その言葉には、怖がりであることをバカにしているニュアンスが含まれていますが、その恐怖心のお陰で僕たちの祖先は生き延びてきました。

臆病である事は、決して悪いモノではありません。
サバイバルな状況においては、不可欠な感情です。

ただ、恐怖に鈍感な人の存在もまた人類には必要でした。
敵と戦ったり、未知の世界へ飛び出したりなど、恐怖に鈍感であるが故に為し得てきたこともあります。

恐怖に鈍感な存在もまた、人類の発展には必要でした。

いずれにしても、恐怖はなくてはならない感情です。

感情
無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

メルマガ購読・解除
 

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

ぜひフォローしてやってください
スポンサーリンク
そこでこんな心理学が使えます
タイトルとURLをコピーしました