母親との関係が恋愛関係や友達関係の構築に重要な理由

家族

人間関係がイマイチうまくいかな・・・

そんな事に気付いたとしても、それをどうすれば改善できるのだろうか・・・という所でつまづく事が多いモノです。

ましてや、その人間関係の色々なトラブルが母親との関係性によって生まれる事があるという事に思いが至る事はそう多くはないはずですが、意外と、母との関係性が与える影響はバカにできないものがあります。

そこに気付けること、そして改善していくことで、全ての人間関係が好転していきます。

スポンサーリンク

母親との人間関係が全ての基本

心理学的な考え方では、人間関係は母親との関係性によって基本が作られると言います。

母親と良好な関係を築いていれば、他者の人間関係も良好になりやすい。

ただ、母親との関係性がうまくいってない場合は、他者との人間関係も良いものが作りにくいそうです。

なぜなら、全ての人が初めて築く人間関係が母親だからです。(もしくは、最も手間暇をかけて育ててくれた人との関係です)

だから、母親との関係性が上手くいってない場合は、どうしても人間関係の構築につまづきが生じやすくなります。

実際、僕もそうでした。

僕の実体験を踏まえて、どういう部分で影響が出て来ていたのかを紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

母親との関係性が影響を与える3つの主な関係性

母親との関係がイマイチな感じであることが、次のような場面で影響が出てきます。いずれも、人生の中で大きな影響を与える関係性です。

思い当たる節があなたにもあるとしたら、何かのヒントになるかもしれません。

異性に対する関係性

母親との関係性は、恋愛での関係性にダイレクトに影響を与えると言われています。

特に男性の場合は、母親との関係性がそのまま異性との関係性という事にも繋がってきますので、母親との関係性が良好かどうかが恋愛がうまくいきやすいかどうかに関係しています。

恋愛関係と両親(母親)との関係が深く関係している理由
両親との関係がうまくいってないと、恋愛関係は苦労の連続になります! あなたも恋愛がうまくいかない事が続いているのなら、その背景には、両親との関係が影響しているかもしれませんよ。 恋人が自分の事を好きなのかが急に不安になったり、好きな...

他者との人間関係

母親との関係性の中で、自分自身がどれだけ認められているのかを実感し、その実感が増すほど心が成長し、他者との関係性を築く礎になります。

例えば、友達を作る場合でも、自分は愛されている!という確信を母親から得ていると、友達作りが非常にスムーズになります。

愛されるという自信があるためです。

こんな自分は嫌われるかも・・・と思うと、新しい関係性を築く上で不安になったり、一歩踏み込んで心を開く事に抵抗が生まれたりしますので、どうしても人間関係が狭くなりがちです。

自分自身との関係性

母親との関係性が最も大きな影響を与えるのが、自分自身との関係性です。

自分とはどんな人間なのか。
愛されるべき人間なのか、そうじゃないのか。

そのような自分自身の存在に対する肯定感というものを、母親を通して学んでいきます。

自分は愛されるに値するんだな・・・と思えると、自分の想いや考えに対して肯定的になれます。

でも、自分が愛されるためには条件が必要なんだな・・・とか、何を頑張っても愛されないのかも・・・と思うと、自己主張ができない大人となり、自分の人生を歩む事にも抵抗を感じるようになります。

スポンサーリンク

母親との関係性の改善の余地はあなたの”伸びしろ”です

母親からの影響はとても大きなもので、人生そのものにも多大な影響を与えるとも言えます。

ただ、これは一見すると、人生の責任全てが母親のせいだと言っているようにも見えるかもしれませんが、そうではありませんよ。

母親から影響を受けて育っていきますので、母親との関係性が無関係という事ではありません。関係アリアリです。

もし、今の人間関係がイマイチ良い方向に行ってない・・・と感じるのなら、母親との関係性を改善していく事で、良い人間関係を作る事も出来ますって事でもあります。

母親との関係性を改善して行く、自分の中にある母親への想いを受け容れて、癒していく。そういう事をしていく事で、まだまだ改善の余地はありますよってことです。

つまり、あなたにはまだまだ伸びしろがあるんですよって事をお伝えしたかったんです。

スポンサーリンク

母親との関係性が良くなれば人間関係も変わります

僕の場合ではありますが、母親への怖さが根底にあり、また、どこかで母親に認められたいという思いに縛られている事に気付いてから、少しずつ人間関係が変わっていきました。

それに気づいた瞬間には大きな変化というものはないのです。

ただ、振り返ってみると、母親の影響を自覚していない時の自分と、自覚している自分とでは、対人関係における大切にしたい価値の優先順位がかなり変わってきています。

以前のように女性に少し怖がっている自分も居るには居るのですが、それでも、自覚しているぶんだけ、その影響を最小限にできています。

だからこそ、人間関係で苦しい思いをしたり、うまくいかないな・・・と思っているあなたには、一度、母親との関係性を棚卸してみてはどうかな・・・?と思うんです。

一気に何かが変わるとは言いませんが、時間が経つほど、人間関係に変化が起きますよ。何よりも、あなた自身の内面が驚くほど魅力的になっていきます。

それは間違いがありません。

僕たちがはじめに築く人間関係は母親との関係性であり、もっとも濃密な人間関係も母親です。

そこが上手くいくようになれば、他の人間関係も上手くいきやすくなるのは、ある意味では自然なことですよ。