【ハングオーバー効果】時間の経過とともに当初のやる気が軽減する現象

心理理論

ハングオーバー効果とは

初めはやる気があったが、時間の経過とともに少しずつやる気が落ちていく。
そんな心理の変化をハングオーバー効果といいます。

これの対義的な言葉として「ハネムーン効果」があります。

タイトルとURLをコピーしました