嫉妬という感情

嫉妬とは

他者を見て「悔しい」という想いを抱く事を”嫉妬”という。

嫉妬は単独での感情ではなく、複数の感情がミックスされている感情と言われています。

例えば「怒り」と「不安」がミックスされて形成される事があります。

主に、「怒り」「不安」「悲しみ」の3つがミックスされ、時々そこに「羞恥」が入ることがあります。

嫉妬という感情がある理由

嫉妬する場面を想像すると、とてもわかりやすいと思います。

嫉妬という感情が湧きあがる理由は、パートナーを独占するためです。
パートナーの独占が阻害されそうになると、嫉妬という不快な感情を湧きあがらせる。

その嫉妬感情を沈め、そして、もう湧きあがらせないためにパートナーとの関係を確かなものにし続けていく努力をするようになる。

そんな仕組みの一部として用意された感情です。

嫉妬が湧きあがるキッカケ

嫉妬はパートナーを独占するための感情です。
嫉妬が湧きあがる条件は、やはりパートナーの独占ができなくなるという不安や、怒りを感じた時です。

嫉妬することは恥ずかしいことではない

嫉妬という感情は、本当に不快なものです。
あなたも決して好きな感情ではないと思いますが、いかがでしょうか?

そんな嫉妬を抱くこと。
これそのものを否定的に見る向きがあります。

例えば、嫉妬する男は男らしくないであるとか。
嫉妬をするという事を、やや差別的に見る向きがあります。

これは大きな間違いです。
人間すべてに嫉妬という感情はプログラムされています。

誰でも嫉妬する場面に直面すれば嫉妬します。

大切なのは、嫉妬に流されないことです。
嫉妬した時にどうするのか、です。

難しいかもしれませんが、嫉妬という感情に流されないように自分を律すること。
そんな意識を持って毎日を送って行きたいですね。

タイトルとURLをコピーしました