【決定回避の法則】選択肢が多すぎると決めきれない

心理理論

決定回避の法則とは

選択肢が多くなると選びきることができず、何も選ばないという結論に至りやすい心理です。

小売店などでは、選べる商品が増えるほど選ぶ喜びを感じますが、あまりに増えすぎると決めることができずに逆に何も買わなくなるので、売上が伸びにくくなるので、選択肢は増やしすぎない事が大切だとされています。

心理理論
無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

メルマガ購読・解除
 

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

ぜひフォローしてやってください
そこでこんな心理学が使えます
タイトルとURLをコピーしました