【マジックナンバー7±2の法則】人間が一度に把握できる限界数

マジックナンバー7±2の法則とは

人間が瞬間的に記憶できる数字は5つから9つであるという、人間の瞬間的な情報処理能力の平均ならびに限界を示している理論です。

しかし、昨今になって7や9は上限として大きすぎて、5程度が限界だとする理論のほうが主流となりつつあります。

タイトルとURLをコピーしました