【マジックナンバー7±2の法則】人間が一度に把握できる限界数

心理テクニック

マジックナンバー7±2の法則とは

人間が瞬間的に記憶できる数字は5つから9つであるという、人間の瞬間的な情報処理能力の平均ならびに限界を示している理論です。

しかし、昨今になって7や9は上限として大きすぎて、5程度が限界だとする理論のほうが主流となりつつあります。

心理テクニック
無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

メルマガ購読・解除
 

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

ぜひフォローしてやってください
そこでこんな心理学が使えます
タイトルとURLをコピーしました