理想的な人間関係を作る【愛の循環理論】

心理理論
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

愛の循環理論とは

心理療法士の矢野惣一さんが提唱している、人間関係の問題が起きる原因と、解決の方向性を見出すための理論。(参考書籍:「うまくいかない人間関係は「愛の偏り」が原因です」)

愛には3つの側面があり、そのいずれかに偏ると問題が起こり、全てが循環すると幸せを感じやすくなるという考え方です。

愛の循環理論の考え方

愛には次の3つの側面があり、それらは循環するようになっている。

  • 愛を与える
  • 愛を受け取る
  • 愛を感じる

この3つは次のような形でそれぞれが相互に関係しあっていて、その関係性が途切れた時に問題が起きる。

与えられた愛を受け取る

相手から愛を受け取るという流れが1つあります。

例えばちょっとした気遣いに「ありがとう」とお礼を述べるのも、与えられた愛を受け取ったという一つの流れであり、お礼を述べなかったり、相手の好意を無碍にしたり拒否すると、そこに問題が生じやすくなります。

愛を受けとり感じる

受け取った愛を味わう、感じ取るという流れがあります。

親切にしてもらって嬉しかったな・・・とか、あの時間が楽しかったな・・・などの、受け取った愛を感じ取り、自分の中で増幅させるというものです。

そうして愛を実感することで、次は誰かに「愛を与えてみよう・・・」という気持ちになりやすくなります。

感じた愛を与える

受け取った愛を自分の中で増幅させ、その増幅させた愛を相手に与えるという段階があります。

親切にしてもらって嬉しかったので、次同じような場面に遭遇したら親切にしてあげよう・・・というのは、受け取った愛を与える愛に変換しているという事です。

愛の循環理論の使い道

愛の循環理論が効果を発揮するのは、自身の人間関係に問題が起きている時です。そのような時には、愛に偏りが生じています。

愛を受け取ったが愛を与えていないとか、愛を与えるばかりで自分を愛していないであるとか、偏りが生じている時に、人間関係に問題が起きやすくなります。

つまり、問題が起きている人間関係を改善もしくは修復するためには、今自分はどうすればいいのかを見つけるための目安として活用します。

愛の循環理論のまとめ

愛には3つの側面があり、その3つの側面によって愛の循環が起き、その愛の循環がしあわせを生み出しているというのが愛の循環理論の土台にある考え方です。

幸せを感じている時には、愛の循環がうまくいっています。
幸せを感じにくかったり、人間関係に問題が起きている時には、愛の循環に偏りが生じています。

偏りをなるべくなくし、愛の循環を増幅させることに注力する事で、どんどん幸せになっていきますよというのが、愛の循環理論です。

タイトルとURLをコピーしました