【メラビアンの法則】聞き手が話し手から受け取る3つのメッセージ

心理理論
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

メラビアンの法則とは

メラビアンの法則とは、聞き手が話し手のどの情報を重視しているのかを分類した心理理論です。

聞き手は話し手から発せられるメッセージを次の3つに分類して受け止め、解釈、理解につとめています。

また、その解釈や理解の度合いには、違いがあります。

  • 言語情報(Verbal)…7%
  • 聴覚情報(Vocal)…38%
  • 視覚情報(Visual)…55%

人間は主に、目からの情報(視覚情報)を重視する傾向があります。
次いで、耳からの情報、言語としての情報と続きます。

これが表せ居ているのは、話し手の話し方、表情などの視覚から得られる情報が会話において重要であるということ。

次に、声のトーンやリズムなどの聴覚の情報。
最後に、単語や構成などの言語情報となっています。

会話の主軸は言葉や文章などにあると思われがちですが、以外にもそれが重要なのは7%ほどなのです。

人は会話の中で非言語の部分(視覚情報)を重視しているという事がわかったということから、コミュニケーションスキルにおいてメラビアンの法則がよく用いられるにいたった理由でもあります。

メラビアンの法則の例

日常生活の中で使われているメラビアンの法則について紹介させて頂きます。

プレゼンテーション

良いプレゼンテーションは、人を魅了し、心を動かし、行動を促します。

そのようなプレゼンテーションは必ずと言っていいほど、話し手が全身から発するメッセージが、すでに物語っていることが多くあります。

プレゼンテーションと言えば、アップルの創業者スティーブ・ジョブス。

彼のプレゼンテーションは、それだけで様々な書籍が発売されるほど影響力があり、研究の対象にもされてきました。

入念に原稿を仕上げ、徹底的に練習し、所作、服装全てにまで完ぺきな準備をしてのぞむ新製品のプレゼンテーション。

その新製品がいかに世の中にとって大きな変化をもたらすのかを伝えるにふさわしい準備をして、視覚、聴覚、言葉すべてにメッセージを届けていました。

中でも、スタイリッシュなデザインにこだわっているアップルの製品は、偶然か必然か、メラビアンの法則における最も重要な要素の視覚情報に強く訴えかけていると言えます。

メラビアンの法則の体験談

メラビアンの法則を狙って使った事がありませんし、意図的に使われているな・・・と感じた事はありません。

ただ僕の経験上、印象深い人だな・・・と感じる人は、決まってメラビアンの法則全てに印象深い何らかの爪痕を残しています。

あまり世間的には受け容れられにくいビジネスのある成功者さんに数度お会いした事があるのですが、ビジネスそのものは全くもって好きになれなかったのですが、人物としては、なるほどスゴイ人だ・・・という印象を抱きました。

いつも笑顔で優しさが溢れるのですが、目標に対するこだわりは強く、時折厳しい一面を見せていました。

清潔感が前進に溢れていて、所作も非常に美しい方です。

言葉は前向きで動的なものが多く、悪口や嫌味を発するところを見た事がありません。

残念ながら、ビジネスの内容が僕にはさっぱり無理な内容だったので縁が切れてしまいましたが、きっとその方は、どの業界に行っても何らかの成果を挙げていた人だと思います。

その方が意図してメラビアンの法則を利用したセルフプロデュースをされていたとは思いませんが、印象に残る方は、視覚、聴覚、言語すべてにおいて洗練されているのだと僕は思います。

それが僕の記憶の中にある「メラビアンの法則だな・・・」と感じた体験の1つです。

心理理論
無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

メルマガ購読・解除
 

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

ぜひフォローしてやってください
スポンサーリンク
そこでこんな心理学が使えます
タイトルとURLをコピーしました