【メタ認知】自己を客観的に認知すること

メタ認知とは

自分自身が事象をどう捉えているのかを、さらに客観的に認知することをメタ認知といいます。

タイトルとURLをコピーしました