マインドフルネス瞑想が続かない3つの理由と対処法

この記事は約5分で読めます。

続ける。

何事も継続が大切で、それはマインドフルネス瞑想でも同じです。

僕も色々なことをスタートさせては中断して・・・を繰り返してますので、継続の難しさは分かっていますが、そんな僕でもマインドフルネス瞑想100日実践では”続ける”ことに力を入れていました。

その経験を基に、どうすればマインドフルネス瞑想を続けることができるのかのポイントを紹介させていただきます。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

マインドフルネス瞑想が続かない3つの理由

マインドフルネス瞑想が続かない理由。

とてもシンプルです。
意志に頼り過ぎている”から続かないのです。

 

やろう!と気合を入れてから行動する。

例えば、次のようなポイントをそのままにしていると、続けることができるようになります。

マインドフルネス瞑想を実践するための環境

マインドフルネス瞑想そのものは、いつでもどこでもできると言っても過言ではありません。

ベテランともなると、ペンをジッと見るという行為だけでもマインドフルネスの効果を得ることができます。

 

そんなマインドフルネス瞑想ですが、理想は静かな環境で瞑想を取り入れることです。

その環境が整っていないと、マインドフルネス瞑想に取り掛かるまでにかなりに意志のチカラを要します。

クセになっていない

続かないというのは普通なんです。

新しいことは脳から見れば今までになかったことが始まった異常事態なのです。
危険を伴う行為かもしれませんので、非常に警戒します。

 

だから、脳としてはその行為を辞めさせることがベストなのです。
(これを恒常性機能と言います。)

新しいことは続かないのは普通なんです。

 

そんな脳をいかに騙すのか。
言い方をかえると、脳に気づかれない程度で新しいことを始めるのがコツです。

マインドフルネスの目標が厳しい

先ほどのクセになってないということと関連しますが、とにかく条件が厳しいため、続けられないということもあります。

 

例えば、瞑想を1日30分やる!とか、朝と夜に10分ずつやるとか。
いきなり初心者には厳しい条件を設定してしまうことがよくありますが、これも継続を断念させてしまう要因です。

その目標をこなすには、体力と精神力を多く要しますのでストレスとなります。
ストレスになりますから、継続が難しくなります。

マインドフルネス瞑想を続けるにはどうすればいいのか

では、マインドフルネス瞑想を続けるにはどうすればいいのか。

できない理由の正反対を意識すればOKです。

マインドフルネス瞑想の環境を作る

マインドフルネス瞑想をやるための環境をあらかじめ用意しておくことが1つのポイントです。

 

例えば、寝床から2歩、3歩の場所に瞑想用のスペースを確保しておく。

今なら安くていいヨガマットがありますので、それを購入してそこに置いておく。

そして、寝起きすぐに瞑想したり、寝る前に少し瞑想するようにする。

 

すぐ瞑想にとりかかれる環境を用意しておけば、意志のチカラを使わないのでストレスを感じることがなく、ストレスを感じませんから、続けやすくなります。

マインドフルネス瞑想の日々の目標設定

マインドフルネス瞑想を始めたばかりのころは、とにかく低い目標を設定する。
これも大切なポイントです。

 

例えば、1日1分だけとか、1日10秒だけとか。

そんなの簡単!できて当たり前!と思えるレベルで設定する。

 

頑張らなくては超えられない目標をいきなり設定しないことがポイントです。

初めは1日1分を30日続けたら時間を延ばすという程度の目標設定でOKです。
1日1分は簡単ですが、連続30日となると少し頑張らなくてはいけません。

 

でも、1日1分なら簡単にできるかもしれない。
そんな目標を設定し、そこをクリアできれば、1日3分を10日間・・・と目標を伸ばしていく。

 

そうすることで、時間を延ばせるし習慣化できるようになります。

マインドフルネス瞑想を実践した自分へ

低い目標でも実践したなら自分で自分を褒める。
1秒でも実践したら褒める。

これを自分自身に課してください。

 

これとても大切です。

多くの人は、頑張ったから褒めるとか、難しい条件をクリアしたから褒めるなどの、難所を超えれば褒めるという感覚でいます。

 

だから目標を難し目で設定していまい、その目標の前に敗れ去ることになるのです。
だから、褒める条件を思いっきり下げましょう。

 

それをやった事が素晴らしい、認められるべきことなんだ!と。

自分自身であっても褒められると嬉しいですから、それがモチベーションにもなります。モチベーションになりますから、続けやすくなります。

 

新しい事を実践した、今日も実践した。
その量ではなく、その変化そのものを褒めてあげてもいいと思いますよ。

まとめ

マインドフルネス瞑想を続けられない理由3つと、続けるためのポイントを書きました。

 

新しい事をなかなか続けられないのは、人間の脳の構造的に正常なのです。
新しい事をすんなりやれるようには出来ていません。

脳にとっては変化イコール危険という構造になっていますから、変化を起こすことは避けたいのです。

だから、ゆーっくりと静かに慣れさせていくのがポイントです。

 

ゆっくりと静かになれていくために、環境を整えて、低い目標を設定し、それを超えたら必ず自分を褒める。

自分には出来るんだ、つらくないんだ、それをやることは素晴らしい事なんだと教え込んでいく。

 

その積み重ねで習慣化していきます。

筋トレやダイエット、他の習い事でもこれらは同じですよね。

 

是非参考にしていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました