瞑想を朝のルーティンに入れている理由

この記事は約4分で読めます。

瞑想をいつやるのか。

今でしょ!とか言いたいけど、失笑を買うから言いません!
ただ、いつやるのかって簡単なようで、ベストを追求すると結構難しいんちゃうかなって思うんです。

あれこれ記事を読んでると、朝が良いと思うし、朝が良いという意見をよく目にする。
あなたもそういう記事を見たことあるんちゃうかな?

でも、だからって夜がダメってことちゃうし、中には朝も夜もやろうぜって意見もあります。
まあ、朝も夜もってのがベストやとは思うけど、なかなかいきなりそうするのは大変やと思う。

ほな、いつがええの?

今日現在、瞑想を80日以上連続で実践している僕があれこれ試行錯誤してみた結果、僕は朝の瞑想に落ち着いています。

なんで朝なのか。
こんな理由からです。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

僕が朝に瞑想をしている理由

朝瞑想をしている理由を簡単に言えば「確実やし心地がええし」という結論になります。

少し具体的に理由を説明します。

気分がスッキリとする

僕の場合やけども、朝の支度を一通り終えたぐらいに、ストレッチと筋トレを行って、そのあと瞑想を行うというサイクルを設けました。これが自分には丁度心地が良かったんやと思います。

「よし、やるぞ!」という気合が入るし、なんとなくその日1日身体も動かしやすかったんです。

リラックスするために瞑想をしているのに気合が入るなんて少し変な気もしますが、でも、実際にそうなんです。

朝瞑想をしたほうが良い1日を送れた気がするので、今も朝瞑想をするようにしてます。

サイクルにしやすい

僕の場合ではありますが、朝瞑想をするほうがサイクルにしやすいという結論に達しました。

昼や夕方、夜に瞑想をやろうとすると、すっごく面倒で、やらない言い訳を探してしまっている自分が居るのです。

特に夜に瞑想をやろうとすると、疲れていることも相まって、全然やる気が起きません。

まず、目をつむると寝てしまいそうで、自分は夜に瞑想をやるのは向いてません。

あと、夜瞑想をやるという宿題が残っている感じが僕には合わんのです。

家帰ってからやることがあれこれ頭の中に残っているってのが、全然マインドフルネスな感じやない気がするんで、宿題を残さへんために朝やるようにしてます。

深い瞑想をしやすい

朝は脳がまだ半覚醒状態という事と関係しているのかもしれませんが、朝のほうが深い瞑想がでける気がします。

昼間はシッカリと覚醒状態なので、心身ともにリラックスして瞑想に集中するという状態に持っていくまでにかなりの時間がかかります。

夜は先ほども書いた通り、寝そうになります。

消去法的にも、まだ脳が半覚醒でぼーっとしている部分が残っている状態に瞑想をするほうが効果を実感しやすいから、朝に瞑想するようにしてます。

朝に瞑想をする上での注意点

朝瞑想をしようとしても「時間ねーよ」という問題にも直面すると思います。
それでもあえて僕は「朝やるほうがええで」とあなたに伝えたい。

例えそれが、1分でもええからやることが大切です。

「いつやるのか」の最大の障害は、”新しい習慣を作る労力が必要となる”という事にあると僕は思ってて、習慣を新しく作るときの第一歩目は、とにかく小さくてもいいので毎日やること。

そこをクリアできれば、自然と時間は伸ばせるんです。

いつやるのかってなると朝がお勧めやけど、朝は難しいと感じるなら、1分だけでもええのでやってみることをオススメします。

まとめ

僕が瞑想を続けている経験の中で言えることやけど、夜やるより朝やるほうが気分もいいし、全然効果的。

理想は朝も夜もやる事かもしれんけど、いきなりそこを標準として設定すると挫折する可能性も一気に高まってしまうので、まずは朝か夜。

朝か夜に瞑想する習慣を定着させる。
んで、朝か夜となると、僕は朝が俄然お勧め。

そういった”いつやる”も大切やけど、とにかく続けること。

やり続けることができるんやったら朝でも夜でもOK。
そう言ってもええぐらいに、続けることが大切。

続けるうえで決まったパターンを作ったほうが楽ちんやから、朝やったほうがええと思うで。

そんな感じです。
迷ってるなら、朝やで。

ほんで、いつやるのかよりも、1分でもええから毎日やることが大切やで。

タイトルとURLをコピーしました