【ミラーリング】相手の仕草を真似ることで親密感を得る心理理論

心理テクニック
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ミラーリングとは

相手の言動や仕草を鏡合わせのように真似することで、相手の親近感を獲得するという心理理論です。

人間は、自分に近しい存在に親近感を覚えるという理論を活用したものです。

ミラーリングの事例

日常生活などの身近なところで用いられているミラーリングの事例を紹介させて頂きます。

ミラーリングという意図して行われる場面が多いので、意図的に行われていることが想定される場面として紹介させて頂きます。

デートの食事の場面などで

デートにおいて、相手との距離を縮めるためにミラーリングはよく用いられます。

例えば、食事のシーン。
相手が飲み物に手を伸ばしたタイミングで自分も飲み物に手を伸ばす。

服装を直したのなら、自分も同じように直す。
無意識に親近感を感じてもらうために、仕草をコピーするといったものです。

ミラーリングの応用

ミラーリングの理論を応用させて、全く同じ仕草をしない。
むしろ、正反対の仕草をすることで、違和感を抱かせるという方法もあります。

相手が座ったら、自分は立つ。
相手が立ったら、自分は座ろうとする。

正反対の行動を取ることで違和感を感じ、その違和感は嫌悪感や相性が悪いと感じさせるに至らせます。

(この違和感や嫌悪感は認知的不協和という状態であり、それを解消するための行動を相手は取ろうとします。それを利用する洗脳スキルもあります。)

ミラーリングの体験談

僕自身、仕草を真似るというミラーリングを意図的に使った事はありません。

疲れるためです。
会話をして、相手のしぐさも真似て・・・となるとやる事が多すぎます。

ただ、1つだけ意識的に使っているミラーリングはあります。

それは”呼吸”です。息を吸って吐くというリズムです。
話すリズムと言えばいいのかもしれません。

これは相手に合わせるようにしています。
そこを意識するだけで2人の居る空間が心地よくなります。

これは本当にオススメです。

仕草を合せたりは、注意して相手を見なくてはいけないし、バレてしまうリスクもあります。

しかし、呼吸はまずバレません。
でも、心地よさを感じて頂く事はできます。

これも一つのミラーリングです。

是非活用してみてください。

心理テクニック
無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

メルマガ購読・解除
 

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

ぜひフォローしてやってください
スポンサーリンク
そこでこんな心理学が使えます
タイトルとURLをコピーしました