【錯誤行為】些細なミスも深層心理のシグナルと見る理論

心理理論

錯誤行為とは

聞き間違い、読み違い、勘違い、忘れ物、物忘れなど、日常生活の中で誰に身にも起きうるような些細なミスのことを錯誤行為と呼びます。

ただの不注意と言えるような些細なミスも、内面の何らかの変化を示すシグナルであると捉えることで、深層心理を解読する上でのヒントとして役立てる事ができるとする理論です。

タイトルとURLをコピーしました