恋人が側に居ないと不安な状態を抜けるための3つのポイント

恋人が側に居ないと不安・・・
そう思うのは仕方がないとも思うんです。

一緒に居たいですからね。

ただ、側に居ないと不安で、その不安が暴走して恋愛がうまくいかなくなるという経験を何度かしているのだとしたら、そこは対処したほうが良いと思うんです。

では、どうすればいいのかって事を書かせて頂きます。

恋人が側にいないと不安な状態とは

恋人が側に居ると不安じゃない。
でも、恋人が側にいないと不安になる。

そうなる理由はシンプルです。
「見えない所で何をしているのかがわからない」のが不安なのですよね。

もしかしたら、自分が望まない事をしているかもしれない。
例えば、他の人と会っているかもしれない。

もしそうだったらどうしよう・・・という”見えない恐怖”があなたの中を駆け巡り、不安で不安で仕方がなくなるのではないでしょうか?

その”見えない恐怖”。

それがあなたを支配する事を止めるための対処法を持っておくことが今はとても大切です。

恋人が側にいないと不安な自分から抜け出すために

不安になる事は仕方がないと思います。
それそのものは、全く問題がないと思うんです。

ただ、だからどうするのか・・・で相手をコントロールするという発想に行ったりすると、それが問題になり、最悪の場合「別れ」という最も遠い位置に相手が行く事にもなります。

そこで考えてみて欲しいのが次のような事です。

安心できる相手を優先する

恋愛にドキドキなどを求める場合、付き合いだすと不安になるという事はよくあります。

なぜなら「良くわからない」からこそドキドキするからです。

何をするのか、何を言うのか分からない。
想像がつかない神秘性がドキドキにつながります。

そのドキドキは、恋愛ではよくわからない不安に裏返る事があります。

つまり、相手選びの段階で、安心できる相手を選ぶ事を優先させると、不安は減ります。

トキメキやドキドキを優先した相手を選んでいませんか?

自分の過去を癒す

過去の恋愛、もしくは親子関係で傷ついた経験があり、そこが上手く消化できていないと、不安になりやすくなります。

例えば、過去の恋愛で、相手にこっぴどく裏切られたとしたら、次の恋愛が怖くなって当然です。

そのような過去の恋愛で、まだ上手く消化しきれていない傷が残っていませんか?

まだ過去の恋愛が尾を引いているのなら、その傷を消化してあげることで、目の前の恋愛の不安が消えていきますよ。

自分の魅力に自信を持つ

一番大切で、そして、一日や二日ではどうにもならない事でもありますが、自分に自信を持つということ。

こんなに良い男(女)はいないよ」と自分が思っていること。

そう思えると、遠い場所に行こうが、少々の事では動じなくなります。

逆にいえば、遠くに行くと不安を感じるのは、他の魅力的な人に目移りするかもしれないことが不安なのではないでしょうか?

自分よりも他の人は圧倒的に魅力だと自分が思っているから、かごの中に閉じ込めたくなるという気分になっていると思うのです。

だから、自分の魅力に自信を持つ。

スグには持てないと思いますから、自信を持てるように日々努力する。

それが出来れば、距離的に遠くに行く事は大きな問題ではないし、行ったとしても、戻ってくる場所として選ぶのはあなたの側以外にはありえないという事も分かるはずですよ。

恋人がいつも側に居ないと不安な状態を抜けるための考え方のまとめ

くどいようですが、恋人が側に居ないと寂しいし、不安になるのも仕方がありません。

そりゃそうです。
好きな人ですからね。

でも、その不安や寂しさに潰されたり、支配されたりする前に、一度だけ立ち止まって考えてみてください。

  • あなたは、ドキドキできる人を優先したのではないですか?
  • あなたは、自分に自信を持てていますか?
  • あなたの過去の傷を癒しきってますか?

そんな風に、自分を今一度見つめ直してみてください。

そして、心あたりがある所から改善に着手していってみてください。

今スグに画期的に・・・とは行きませんが、時間と共に、少しずつ状況が改善していきますよ。

タイトルとURLをコピーしました